航空整備士の1日

1日の流れ

空港では24時間体制で整備を行うため、整備士たちは交代制でのシフト勤務をしています。勤務時間帯は会社によっても異なりますが、ここでは昼間にライン整備を担当する人のスケジュールと、夜間にドック整備を担当する人のスケジュールの一例をご紹介します。

整備会社に勤務する二等航空整備士のある1日

<ライン整備担当>
07:30 出社

08:00 朝礼、準備体操
全体としての予定や注意事項を共有します。作業でケガをしないための体操も欠かせません。

08:30 作業開始
スケジュール表で担当する機体・作業内容を確認。次のフライトに影響のないよう、限られた時間内で的確に作業を進めていきます。無事に一つの機体の整備が終われば離陸のお見送りをして、次の機体に取りかかります。

12:00 昼食
一斉にとることが多いので、仲間とコミュニケーションをとりながら一息つきます。

13:00 午後の作業開始

16:30 作業終了、片付け
工具や作業で出たゴミなどをきれいに片付けます。現場が汚れているとミスにつながるため、常に清潔に保っておくことが大切です。

16:45 次のシフトの担当者へ引き継ぎ
万が一作業途中になっているものがあれば、確実に伝えるようにします。

17:00 退社

17:30 帰宅

18:00 夕食、入浴

20:00 資格取得に向けた勉強(一等航空運航整備士を目指した勉強です。残業がない限り、勉強はほぼ毎日行います)

<ドック整備担当>
22:30 出社

23:00 ミーティング、準備体操

23:30 格納庫へ移動して整備作業開始
不具合が出そうなところはないか、部品や装備品を細かく確認していきます。エンジンの取り外しなど大がかりな整備を行うこともあります。

01:00 休憩
軽く夜食をとります。

02:00 作業開始

07:30 作業終了、片付け

07:15 次のシフトの担当者へ引き継ぎ

08:00 退社

08:30 帰宅
翌日は休日。仮眠をとってから趣味などでリフレッシュします。