航空管制官の役割

離陸も着陸も航空管制官が許可を出す

自由自在に空を飛んでいるように見える航空機ですが、実は航空管制官の指示無しには離陸も着陸もできません。

空港の滑走路では次々と航空機が離着陸をするため、きちんとその順番を決めないと滑走路が大混雑してしまうだけでなく、衝突など事故の原因につながりかねません。そのため、航空管制官がレーダーで各航空機の位置を確認し、きちんと交通整理していきます。

航空管制官は、突発的なトラブルが発生したときにもすぐに状況を把握した上で、パイロットに的確な指示を出さなければなりません。

実際に操縦するのはパイロットですが、航空管制官はその心臓部分。大勢の乗客やスタッフの命を預かるという、重大な役目を担っているのです。

飛行中の航空機の管制も

航空管制官が活躍する場所は全国各地の空港だけでなく、全国に4ヵ所ある「航空交通管制部」もあります。空港の監視レーダーがとらえられる範囲を超えた航空機は、空域に応じて各航空交通管制部が管制業務を行います。

航空機は、事前に作られた「フライトプラン」に基づいて飛行を続けますが、行き交う飛行機の高度差や間隔は決められており、状況に応じて高度調整をしなければならないこともあります。

また、天候が悪い日などは、上手く雷雲を避けて飛ばなければならないこともあります。そこで、航空管制官は空の状態を確かめながらレーダーで航空機の飛行状況を見て、パイロットに指示や許可を与えていきます。