航空管制官の魅力

社会に貢献できる仕事

遠い場所までも短時間で移動できる航空機は、電車やバスと同じように、もはや私たちの生活になくてはならないものです。航空機が安全に空を飛べるのは、もちろん技術の進歩によるところが大きいですが、それだけではありません。

航空管制官が1年365日欠かさずに空の交通整理を行い、安全なフライトができるように働いているからなのです。

航空管制官は社会になくてはならない職業であり、まさに「世のため、人のため」に活躍できる仕事です。これは、この仕事のもっとも大きな魅力だと言えるのではないでしょうか。

国家公務員かつ専門職であること

国家公務員というと、一番のメリットとして「安定性」を考える人は多いはず。もちろん、待遇などの面を見れば、安定していると考えて間違いないでしょう。それだけでなく、航空管制官は非常に専門的な職業であることもポイントだと言えます。

採用試験も非常に難関ですが、それ以降も厳しい訓練が待っています。限られた人にしかできない大変な仕事だからこそ、誇りと自信を持ち、一生懸命働き続けられるのではないでしょうか。

スキルアップで信頼される

一人前の航空管制官として働くためには、いくつもの資格を必要とします。それだけ訓練を必要とする難しい仕事でありますが、経験を積んで上手に管制できるようになれば、パイロットから信頼されるようになります。

「資格」という目に見える形で常にスキルアップしていけて、それが周囲からの信頼につながるという点も、この仕事の魅力のひとつと言えるでしょう。