航空管制官加納 雅之さん

1988年8月11日生まれ。高校卒業後、航空保安大学校・航空管制科へ入学。2年間の研修を経て、東京航空局成田空港事務所に赴任。2015年現在、現職7年目。

座右の銘:有言実行

仕事をしていて苦労を感じるのは、どのようなときですか?

緊急時に、即座の判断が求められることです。

トラブルが起こると、まずはその状況を周囲に共有するために、声を挙げて何が起きたかを知らせます。

そこからは、チームメンバー全員で協力して対応していきますが、緊迫した状況のなか、いま何が必要で、どのような優先順位で物事を進めていくべきか、という予測を瞬間的にしなくてはなりません。

そこで最適な判断をするためにも、日頃の訓練は欠かせません。

具体的に、どのようなトラブルがあるのか教えていただけますか?

photo4_2

たとえば、着陸を控えたパイロットから「航空機のタイヤがパンクしている」という情報が入ってくるとします。

そうすると、管制官はいつ、どのようなタイミングで着陸させるかを考えて、何が必要になるかをパイロットから聞き出し、適切に行動の指示を出す必要があります。

そのほか、エンジンが片方動かなくなったり、急病人が出たり、小さな装置が動かないといったことで、出発予定機がスポットに戻ってくることもあります。

軽微なトラブルも含め、パイロットからの第一報は管制官に入ってきますから、そこで適切な判断を下さなくてはなりません。

私たちは、こうしたトラブルにもきちんと対応できるよう、シミュレーターを使いながら、常にチームとして動く訓練を行っています。

加納さんの今後の目標を教えてください。

私はまだ成田での仕事しか経験していないため、今後はより広い空域を扱う羽田のターミナルレーダー管制所での勤務をしてみたいですし、東北地方から中国地方までを管轄する東京航空交通管制部でも働いてみたいと思っています。

多様な業務を経験することで、もっともっと器の大きな管制官になりたいです。

転勤を伴う異動もあるのですよね。

はい、国家公務員である航空管制官は、全国へ転勤の可能性があります。いつ転勤になるかは決まっていませんし、実際、人によってだいぶ異なります。

4~5年程度で転勤している人もいれば、1つの場所で10年くらい勤務している方もいます。国家公務員は2年ほどで異動することも多いのですが、それに比べると航空管制官は異動が少ないほうです。

航空管制官には、どのようなことが求められると思いますか?

航空業界全体にいえることですが、技術的な進歩が非常に早く、普段使うシステムがどんどん更新されたり、運用方法が変わるケースは珍しくありません。

また、航空機の数も年々増えています。ですから、たとえ1年目の訓練が終わったとしても、更新や改正があるたびに頭をアップデートする必要があるのです。

また、別の勤務地に異動になれば、一からその空港で働くための訓練を受けなくてはなりません。常に勉強が必要な仕事なので、そういうことに前向きに取り組めることが大切だと思います。