航空管制官加納 雅之さん

1988年8月11日生まれ。高校卒業後、航空保安大学校・航空管制科へ入学。2年間の研修を経て、東京航空局成田空港事務所に赴任。2015年現在、現職7年目。

座右の銘:有言実行

航空管制官を目指したきっかけを教えてください。

高校在学中、学校で配られた職業紹介に関する冊子で、航空管制官という職業があることを知りました。

もともと、子どものころから飛行機に見るのも乗るのも好きだったのですが、詳しい仕事内容を調べていくうちに、この仕事に就いてみたいと考えるようになりました。

そこから、どのような過程を経て航空管制官になったのですか?

私の場合、高校3年次に航空保安大学校・航空管制科の採用試験を受け、合格となり、当時、羽田空港近くにあった同学校へ入学しました。1年後、同学校の移転に伴い、大阪のりんくうタウンで1年間、合計2年間の研修を受けました。

航空保安大学校は一般の大学とは異なり、国の機関であるため、入学者は全員が国家公務員の扱いになります。

つまり、給料や諸手当をもらいながら研修を受けて、一人前の航空管制官になるために学んでいくのです。

ちなみに、現在は、2年間の研修を受ける航空保安大学校の航空管制科は閉科されており、航空管制官になるためには、まず航空管制官採用試験を受けて合格し、採用される必要があります。

そして、この試験に合格した人は、航空保安大学校で1年間の研修を受けることになっています。

航空保安大学校で学び終わるとすぐに、空港で働くことになるのですか?

2年間の研修を受け終わると、この成田空港事務所に赴任となりました。しかし、そこからすぐに業務ができるわけではありません。

航空管制官は、空港ごとに飛行場で働くための資格を取る必要があるため、そこからは現地での訓練を約1年間受けて、資格を取得しました。

2年目からは、他の管制官と同じように第一線で管制業務に就きました。

普段のお仕事内容について教えてください。

photo2_2

私のいる成田空港事務所では、9~10人の航空管制官がチームを組み、管制塔という場所で、それぞれのチームが、主に以下の4種類の管制席を交替しながら行っています。

1つめの仕事は、航空機がA空港からB空港へ飛行する際に、「こういう経路、高度で飛行したい」というパイロットからの要求に対して管制承認を伝達する仕事です。

スポット(駐機場)にいる航空機と管制官は、無線を用いて交信します。

2つめは、航空機がスポットを離れ、地上走行を開始してから滑走路に向かうまでの走行経路の指示を出し、適切に誘導していく地上管制の仕事です。

3つめは、滑走路に離着陸する航空機に対して、順序を決めて、離着陸の許可を発出する飛行場管制の仕事です。

4つめは、直接パイロットとは交信せず、他機関と調整を行ったり、他の業務に就いている人の補助を行う仕事です。

これらに加え、成田の場合は2つの滑走路があるため、地上管制と飛行場管制の担当がそれぞれもう一人ずつ配置されています。

さらに、両滑走路の離着陸を見ながら、東京空港事務所(羽田)にあるターミナルレーダー事務所の管制官と、連絡を取り合う管制官が1人います。

これらの業務を、1チームあるいは2チームで回しています。