航空管制官は激務?

「ストレス」を感じることは多い

航空管制官の仕事は責任が重いだけにとてもやりがいがありますが、その反面「絶対に失敗してはいけない」という覚悟で業務に当たらなければなりません。

ちょっとしたミスが重大な事故を引き起こす可能性もあるため、休憩時間以外の勤務中は、片時も気が抜けないと考えておいて良いでしょう。

大勢の乗客が乗る航空機の管制を行うということは、自分がその乗客たちの命を預かるということ。他の仕事であれば「ちょっとのミスは次に挽回すればいいや」ということでも、この仕事においては、そうも言っていられないのです。

もちろん、きちんと訓練を重ねることで一人前の航空管制官にはなれるので、そこまで恐れる必要はありません。ただし、労働時間の長さや仕事量というよりも、この責任の重さや精神的なプレッシャーという部分で「激務」と感じる人はいるようです。

体力的にはどうか

このように、航空管制官は大変な集中力と責任を必要とする仕事のため、疲れた状態のまま仕事に臨むのは危険です。そのため、きちんと休憩時間や休日をとることができるようです。

国家公務員ですので、労働条件や福利厚生に関して心配する必要はないでしょう。

夜勤の日もありますが残業はほとんどないため、仕事が終われば息抜きをすることも可能です。仕事中は集中し、休むときはしっかり休むことで、上手に気分転換を図るのがこの仕事を続けるポイントのようです。