航空会社社員のやりがい、魅力

航空機や空港に深く関われる仕事

航空会社社員のやりがいや魅力のひとつは、「航空機の間近で働けること」だといえるでしょう。

「空港の雰囲気が好き」「飛行機に乗ってどこかへ行くのが好き」という人はたくさんいますが、実際に、航空機に関わる仕事を職業にできている人は、そう多くありません。

たとえ空港勤務でなかったとしても、常に航空機や空の旅のことを考えていられることは、飛行機好きな人にとってものすごくワクワクすることです。

空港勤務であれば、どこか非日常的な空気が漂う空港で利用客と接しながら、相手にとって快適かつ魅力的な時間を提供していく喜びを味わうことができます。

空の安全を守るという責任感

航空会社社員が忘れてはならないのは、「空の安全は自分たちが守る」という責任感です。

航空機は鉄道やバス・自動車などと同様、人々の移動手段として安全性が第一に追求されるべきものであり、いかなる場合でも事故が起こらないことを目指して仕事に取り組んでいかなくてはなりません。

社会的なニーズが高い仕事だからこそプレッシャーも伴いますが、それだけ重要な仕事に携わっていられるという自負や誇りを持って働くことができるのも、この仕事のやりがいのひとつです。

格安で飛行機に乗れる

いくつかの航空会社では、福利厚生の一環として社員が格安で飛行機に搭乗できる「社割制度」のようなものを設けています。

すべての航空会社がそうとは限りませんが、最大で9割引など、とても大きな優遇の下に飛行機を利用できる企業もあるようです。

なお、この割引制度は社員本人ばかりでなく家族を対象としてることが多いため、家族にとっても魅力的な福利厚生ですし、家族旅行をする際にも活用することができます。

航空会社で働く人は旅行好きという人もたくさんいます。飛行機を手軽に利用できることによって、休暇中には国内外のあちこちに出かける人も多いようです。