航空会社社員に向いている人、適性

航空業界に強く興味が持てる人

ひとくちに航空会社といっても、いざ組織を眺めてみるとさまざまな職種の人が活躍しているため、仕事の適性は職種によって異なるといえるでしょう。

ただし、どの職種に就くにしても共通して必要になるのは、「航空業界で働きたい」という確固たる思いがあることです。

これは当然といえば当然ですが、航空業界の仕事は、私たちの日常生活のなかではあまり触れることがありません。

そのため、いざ仕事をスタートすると一から覚えることばかりになり、どっぷりと航空業界に浸かっていくことなります。

そこで、どれだけこの業界のことを好きになり、自ら興味を持っていけるかが仕事のモチベーション向上にもつながってきます。

難しいことを考える以前に、まず「航空機が好き」「空港という場所で働きたい」「お客さまに快適な空の旅を楽しんでもらいたい」といった素直な気持ちを持てる人が、航空会社で働くのに向いている人だといえるでしょう。

人を楽しませことが好きで、サービス精神がある人

航空会社には、客室乗務員(CA)やグランドスタッフのように、お客さまと直接コミュニケーションをとっていく仕事もあれば、本社でデスクワークをしながら新しいサービスを考えたり、組織運営を支えたりしていく仕事もあります。

もちろん、お客さまにサービスを提供する仕事に就くのであれば、おもてなしの心や接遇能力は必須といえます。

しかし、航空機を整備したり、自社の宣伝をしたり、新しいサービスの企画を考えたり…といったそれ以外の多種多様な仕事も、最終的には「お客さまのため」につながってきます。

こうしたことから、航空会社社員は航空会社での仕事を通じて「人をワクワクさせたい」「人に感動や夢を与えたい」という思いのある人に向いているといえます。

いわゆる「ホスピタリティ精神」が強い人であれば、どのような職種に就いても前向きに仕事をしていくことができるでしょう。