航空会社社員の種類

貨物航空会社

貨物機を用いて、全国各地へ貨物輸送を行う航空会社のことを貨物航空会社といいます。

貨物機では、原則として旅客の輸送を行うことができません。

貨物航空会社はさらに、国際貨物の輸送を専門的に行う「国際貨物航空会社」と、日本国内での輸送を専門的に行う「国内貨物航空会社」に分けることができます。

なお、旅客機と貨物機の両方の路線を持っている航空会社も複数あります。

旅客航空会社

貨物航空会社に対し、旅客を乗せて輸送する旅客機を運航する航空会社のことをこういいます。

ただし、一般的には「航空会社」と呼ぶ場合、貨物機を運航する航空会社ではなく、人が乗る旅客機を運航している会社のことを表すケースも多々あります。

国内外には大小たくさんの旅客航空会社があります。

国内だけを見ても、大手航空会社の全日空(ANA)や日本航空(JAL)のほか、全日空と日本航空系列の旅客航空会社や、各地方に根付いた小規模なローカル航空会社なども複数存在します。

格安航空会社(LCC)

旅客航空会社の一種ではありますが、そのなかでも日本においては2012年に登場した比較的新しいタイプの航空会社に格安航空会社(LCC)というものがあります。

LCCとは「Low Cost Carrier」の略であり、従来の航空会社で行われていたサービスを簡素化し、さらに運航の効率化や運航コストの削減などを行うことによって、低価格の運賃を実現しています。

サービス簡素化やコスト削減の具体例としては、機内食やドリンクサービスの有料化、乗り継ぎやアクセスが不便な空港の利用、座席指定の不可といったものが挙げられます。

それまでの一般的な航空会社の旅客機では当たり前に提供されていたフルサービス期待できないものの、LCCの登場によって、利用者にとっては、それまでよりも安い価格で航空機を利用できるようになりました。