航空会社社員に特有の職種

航空業界はある意味で特殊な業界であり、航空会社にしかない職種というものがいくつも存在します。

ここでは、そんな航空会社特有の仕事のうち、代表的なものを紹介します。

客室乗務員(CA)

「キャビンアテンダント」ともいわれる仕事です。旅客機に搭乗し、乗客と触れ合う機会が多いことから、航空会社を目指す多くの人の憧れの存在にもなっています。

客室乗務員は「サービス」と「保安」の2つの役割を担っており、乗客がいつでも快適に、安全に空の旅を楽しんでもらえるよう配慮します。

「女性の仕事」というイメージが根付いているようですが、海外の航空会社においては男性の客室乗務員も多くいます。

客室乗務員の仕事

パイロット

地上の航空管制官と無線通信をしながら航空機を操縦し、安全に目的地まで乗客や貨物を運ぶ仕事です。

航空機の操縦には専門知識と技術が必要とされるため、厳しい訓練を乗り越え、操縦する航空機に応じたライセンスを取得した人だけがパイロットとして働けます。

ただコックピットに座るだけでなく、フライト前には気象データや飛行経路、燃料などの確認を自ら行い、責任を持って安全なフライトを実現します。

パイロットの仕事

グランドスタッフ

空港に勤務し、利用客に対するさまざまなサービスを提供する地上職です。

業務はおもに、チェックインカウンターでの航空券の発券や荷物の受け取りなどを行う「搭乗手続き」と、乗客をスムーズに誘導する「搭乗案内」の2種類があります。

実際に旅客機に乗り込む客室乗務員とは違う立場から、乗客や空港の利用客にサービスを提供します。

グランドスタッフの仕事

航空整備士

航空機の整備や点検を行う仕事です。

航空機は大小合わせて何万もの部品から成り立っており、もし不具合や欠落があると事故を起こしてしまう可能性があるため、フライト前に日常的に行う「ライン整備」や、一定の飛行時間を超えた場合に時間をかけて行う「ドッグ整備」など、専門技術を持った整備士たちによって日々念入りな整備が行われています。

なお、航空整備士は航空会社そのものに所属するのではなく、航空会社系列の整備会社に所属している人も多数います。

航空整備士の仕事

ディスパッチャー

気象情報や機体の整備状態、乗客や搭載貨物の重量などあらゆる情報をまとめ、航空機が安全に目的地へたどり着けるための「フライトプラン」を作る仕事です。

フライト前には必ず機長(パイロット)と打ち合わせを行い、フライト中は機長と無線で交信し、天候や航空機の状態を確認しながら、航空機が安全に目的地までたどり着けるように監視・サポートしています。

ディスパッチャーの仕事