航空会社社員の給料・年収

平均年収

航空会社の平均年収は、700万円~800万円程度といわれています。

ただし、航空会社にはさまざまな部門や業務があり、年収は職種によってもだいぶ幅が出ているのが実情です。

たとえば、給与水準が最も高いとされているパイロットの場合、大手航空会社の機長クラスになれば年収2000万円を超える人もいます。

各職種の平均年収は、客室乗務員で400万円~500万円程度、グランドスタッフで300万円~400万円程度、総合職事務系で400万円~500万円程度、総合職技術系で400万円~500万円程度と考えられます。

基本的に年齢や勤続年数が上がるに伴って年収はアップしていき、役職者になればその分の手当も付くようになります。

規模の大きな航空会社ほど給与水準は高めとなっているようですが、職種によっては契約社員など、正社員以外の雇用形態で働いている人も少なくありません。

その場合には、正社員よりもやや低めの年収になることが多いようです。

初任給

2017年度採用における大手航空会社各社の新卒初任給(大卒)は、以下の通りです。

【JAL】
・地上職事務系:223,000円
・地上職技術系:223,000円
・自社養成パイロット:213,000円
・客室乗務職:183,000円

【ANA】
・総合職事務系:212,000円(2016年度予定)
・総合職技術系:212,000円(2016年度予定)
・自社養成パイロット:202,848円(2015年度実績)
・客室乗務職:175,819円

※客室乗務職については、上記金額に加えて乗務に応じた乗務手当が支給されます。

諸手当・福利厚生

諸手当や福利厚生の内容は、航空会社によって異なります。

代表的なものとしては、諸手当については通勤手当、家族手当、住居手当、深夜勤務手当、精勤手当(ボーナス)などが挙げられます。

福利厚生については、各種社会保険、有給休暇、育児休職制度、各種休職・休暇制度、寮制度、搭乗優待制度などが挙げられます。