航空会社社員として働くには(大学・学歴・学部など)

各社の採用試験を受験する

航空会社社員として働くには、各航空会社が実施する社員採用試験を受け、採用される必要があります。

日本の航空会社としては、大手2社「全日空(ANA)」「日本航空(JAL)」が有名ですが、どちらも新卒の場合、基本的には毎年定期採用を行っています。

また、新卒での航空会社社員の募集は、おもに以下の区分ごとに行われることが一般的です。

・総合職(地上職)事務職
・総合職(地上職)技術職
・客室乗務職
・自社養成パイロット

上記の通り、「客室乗務員(CA)」と「パイロット」を目指す人は、総合職とは別の試験を受験することになります。どちらも特別な素養や身体条件などが求められる仕事となるため、試験内容にも特色があります。

パイロットの仕事
客室乗務員(CA)の仕事

「総合職(地上職)」については、事務職であれば、営業、商品企画、市場調査、運航管理、安全管理、経営管理、調達、広報・宣伝、人事、財務・経理など、フライトを裏方としてサポートしたり、新しいサービスを企画したり、事業運営に必要な仕事に携わったりと、多岐に渡る仕事を任されます。

技術職であれば、品質保証、生産計画、整備技術、運航技術、整備などに携わるエンジニアとして、航空機整備業務の全般を担当します。

どちらの区分で入社しても、入社後に研修などを受けて、本人の適性や希望などを踏まえたうえで各部門へ配属となります。また、数年でジョブローテーションが行われることも多いです。

なお、航空会社は自社の業績などによって採用活動を実施しない年度もあります。

必要な学歴は?

総合職(地上職)の場合、基本的には「大卒以上」の学歴が求められます。すべての学部・学科を対象とした募集がなされます。

自社養成パイロットについても同様、「大卒以上」の学歴が求められるケースが大半ですが、学部・学科はとくに問われません。

客室乗務職については、専門学校・高等専門学校・短期大学・4年制大学または大学院を出ていれば応募できることが多いです。人気がある職種であるため、客室乗務員を目指すための専門学校やスクールで学んでから応募する人もいます。

航空会社への就職で特別に有利になる学部・学科はありませんが、大手航空会社は人気が高く、難関といわれる大学の学生も多数応募しています。

外資系航空会社に就職するには

航空会社への就職を目指すのであれば、日系の航空会社のほか、外資系航空会社で働くことを視野に入れてみてもよいかもしれません。

航空会社によりますが、新卒・既卒のどちらをも対象とした採用活動を行っている企業と、基本的に既卒者を対象とした採用のみを行っている企業に分かれます。

既卒者を対象とする場合は、前職での業務経験が求められることが一般的です。

なお、航空会社によっては、まず正社員ではなく契約社員として採用され、一定期間働いた後あるいは勤務態度や成果などが認められると正社員になれるというシステムをとっているところもあります。