高校の体育教師になるには

教育学部か体育系学部へ

高校の体育教師になるためには、高校教諭一種免許状(体育)を取得できる学部の設置がある大学に進学することが高校の体育教師になる第一歩です。

有名大学であっても設置がないところも珍しくないため、いざ入学してから困ることがないように十分に調べてから志望校を決定しましょう。

部活動は必須

中学校、高校と部活動で汗を流していた人でも大学ではサークル活動やアルバイトに精を出す場合がほとんどですが、体育教師をしている人は大学でも部活動に打ち込んでいた人ばかりです。

とくに体育大学においてはほぼ全員が部活動に所属しています。自身の専門競技を持つという意味でも4年間を部活動に費やす覚悟をしておきましょう。

大学院出身者も少なくない

大学での4年間を部活動に費やす中で体育教師への道を目指す人が多いのは前項で述べた通りです。

しかし、中には法学部や経済学部といった体育の教員免許を取得できない学部に在籍している人もいます。とくに高校で競技実績があり、スポーツ推薦で大学に入学した人に多いケースです。

こういった人は学部卒業後、高校体育の教職課程がある大学院に進学したり、科目等履修生として体育大学に通ったりして免許の取得を目指すことになります。

体育教師の中には国語や社会といった他の科目で教育実習にいき、高校体育に必要な単位を科目等履修で取得した人もいます。

志願者はかなり多い

公立の教員採用試験では主要5科目とほぼ同等の人数が志望しているため、定員が発表されないとはいえ、かなり倍率は高いようです。

私立においては他の科目に比べて募集が圧倒的に少ないのが現状です。

高校の体育教師を目指す人は試験の対策を十分に行い、高得点を獲得できるように努力すること、さらに教師としてのビジョンを明確に持ち、論作文や面接の試験で伝えられるように準備しておくことが必要です。

加えて空きがあるかどうかはタイミング次第、というのも正直なところ。非常勤講師を続けながら何度も試験にチャレンジしていきましょう。

採用の突破口とは

かなり狭き門である高校の体育教師。弛まぬ努力が必要なのは前述のとおりですが突破口を挙げるとすれば、部活動の指導に特化しておくことでしょう。

たとえば、野球やサッカーで高い競技実績を持っていた場合、その強豪校で指導者として必要とされ、採用されるケースもあります。

自分の専門競技を高い水準で行えることは体育教師を目指す上で大きな強みになるといえるでしょう。

生徒指導を任されることが多い

どの教師も教務部や広報部といった、いずれかの校務分掌に必ず所属することになりますが、体育教師はほとんどの場合、生徒指導部に配属されることになると考えていいでしょう。

頭髪や服装、生活態度などが校則に抵触した場合に指導を与える責任者としての役割を担う場面が多いのが体育教師の大きな特徴です。

時には地域や警察などと連携したりすることもあります。その特性上、厳しい指導を加えなければならない場面もあるため、生徒の心に響く適切な働きかけを日々模索することが必要となります。

体育祭の総責任者

学校生活における1大行事である体育祭の企画、運営は体育科が中心になって行います。実行委員の生徒を上手く指導し、行事を成功させることは容易ではありません。

しかし逆に言えば体育教師の腕の見せ所。大きなやりがいが感じられることは間違いありません。

仕事体験談