高校の数学教師になるには

数学という学問をどう学ぶか

高等学校教諭1種免許状(数学)を取得できる大学に進学することが高校の数学教師になるための第一歩です。

理学部ではたいていの学科で取得が可能ですが数学の教師を目指すのであればやはり数学科で学ぶのがよいでしょう。

高校の数学はそれまでに比べて内容が著しく高度になるため、理学部で専門的に学んだという経験は現場に出た際に役立つ場面も多いといえます。

教育学部の数学教育専攻では教えるための数学を学べる機会が多く得られます。併せて小学校や中学校の免許取得を目指す人も多いのが特徴です。

大学の特性上、教育ボランティアやアルバイト、非常勤講師等の求人を紹介してもらえる機会が多いという利点もあります。

また高校の数学の教師の中には情報科の免許も取得しているという人が珍しくありません。

履修科目が増えるため、決して楽なことではありませんが、就職活動の際や実際に現場に出た後など思わぬところで役に立つことも多いので余裕があれば取得を目指すのもよいでしょう。

入念な採用試験対策を

主要科目の一つである数学は公私共に一定数の求人があると考えてちいでしょう。

ただし英語や国語、社会に比べて単位数が少ない上、3年次には選択必修科目となる学校が多いため、5科の中では枠が比較的少なめです。

とにもかくにも現場での経験を早いうちから積むに越したことのない業界です。公立志望の人は、まず自治体の講師登録をした上で、採用試験の対策を十分に行い、採用を目指しましょう。

併せて私学適性検査を受けておくと私立での採用のチャンスが得られます。

私立志望の人は適性検査を受けた上で、希望する学校の採用試験を受けましょう。

私立の場合は求める人材がはっきりしているため、募集要項によく目を通し、自身と合致しているかどうかを見極める必要があります。

また科目の特徴として女性が少ないという現状があるため、女性の場合、私学においては有利に働くこともあります。

高度でテクニカルな教科指導力が求められる

高校の数学は少なくとも3年次には選択必修科目となり、主に国公立大学、理系の私立大学を目指す生徒を担当することになります。

したがって生徒の学習意欲も高く、教師は高い教科指導力を要求されます。

大学入試に必要な難易度の高い問題にあたることも少なくありません。これに対応できるように綿密な教材研究を怠らないようにしましょう。

苦手な生徒にもきめ細かい対応を

高校の数学はそれまでに比べてぐっと難易度が上がります。その結果、強い苦手意識を持ってしまう生徒も少なくありません。

定期試験で点数を取ることができず、成績不振に陥り、最悪の場合、進級や卒業に関わってきてしまう生徒も少なからずいます。

難易度の高い内容を指導する一方で数学の苦手な生徒に膝を突き合わせて向き合い、根気よく指導する場面も多数出てくるでしょう。補習や追試の担当者になることもしばしばです。

生徒のレベルに関わらず、教科書や指導書通りの指導では生徒の十分な理解を得られない場合が非常に多いため、自身のセンス、工夫が必要とされます。

得意な生徒から苦手な生徒まで幅広く関わることは骨が折れる一方で大きなやりがいを感じられるものであるといえます。

仕事体験談