高校の音楽教師になるには

音大に進学

高校の音楽教師になるためには、高等学校教諭1種免許状(音楽)を取得することが必要です。

高校の音楽は小中学校に比べて専門性が高く音楽理論などといった講義が占める割合が高くなります。

もちろん、歌唱や演奏といった実技指導もありますがそれだけに留まらないということを留意しておきましょう。

したがって、高校の音楽教師の多くは音大出身者が占めています。中でも技術が教育現場で生かせる声楽、ピアノを専攻している人が多いようです。

もちろん教育大学の音楽教育専攻からも目指すことは可能ですが、小中学校の音楽教師に比べると少ない傾向にあります。

音楽家としての顔

高校の音楽教師の中には自身が音楽家として活動している人もいます。

これは高校の音楽が多くの学校で選択必修科目に設定されているためコマ数が少なく、結果自身の音楽活動に時間が割けるためであると考えられます。

そのため、あえて非常勤講師として働く道を選ぶ人もいるほどです。

前述のように専門性の高い高校の音楽を指導するにあたり自身の音楽科としての実績は大いに役立つといえるでしょう。

倍率は極めて高い

中高の音楽教師の倍率は公立私立に関わらず非常に高いのが現状です。

これはコマ数の関係上、各校に在籍する音楽教師が少なく、現職の教師が退職しない限りその席が空かないためです。そのため年度によっては採用のない自治体もあるようです。

私立においては非常勤講師の募集は少数ながらありますが、志願者が殺到するため、激戦になることを覚悟しておきましょう。

高校の音楽教師を目指す人は採用試験を突破するために十分な努力をするのはもちろんですが、空きが出るかどうかという部分に関しては運が必要になるというのも正直なところです。

他の科目と違うのは採用試験で実技試験が課せられる点です。そこで確実に実力を見せることができるように十分対策をしておきましょう。

部活動の指導に情熱を注ぐ

音楽系の部活動で顧問として活躍する人も多数います。

吹奏楽部といえば文化部の花形です。コンクール入賞を目指して努力する生徒たちを導く存在として校内で一目置かれる音楽教師も珍しくありません。

高校の音楽教師の多くは音大の声楽科、ピアノ科を卒業している人が多い傾向にあるのは前述のとおりですが、指揮科や各種楽器科の出身者は部活動の指導において強みを発揮することができるといえるでしょう。

行事指導を任される

高校の音楽は選択制でありコマ数が少ないという一方で各種行事における歌唱指導や演奏指導、合唱コンクールの責任者など授業外で担う役割が多々あります。

合唱コンクールではそれぞれのクラスを巡回して指導を行うなど学年、学級を越えて生徒と関わることになります。

これは他の科目の教員にはない特色であるといえるでしょう。

仕事体験談