高校女性教師の悩みと強み

男性教師の比率が高い

男性の教師と女性の教師には働き方において違いというものがあるのでしょうか。一般的な学校では男女の比率は6:4か7:3です。つまり、男性が多い職場と言えます。職場環境があまり良くない学校においては、女性教師は肩身が狭く感じられるケースもあるようです。もちろん仕事内容で男女の差はほとんどありません。

しかしながら、職業上精神的に厳しい打撃を受けることもしばしばあります。悩みが積もって押しつぶされそうなとき、女性教師はうまく発散できない傾向にあるようです。

メンタル面が弱い女性ならばなおさら、相談相手が必要となります。しかし女性が少ない環境ではなかなか相談できる相手を見つけることができないという現状があります。

女性教師と恋愛の問題

また、高校教師特有の悩みとして恋愛や性に関する問題が挙げられます。

ここでは以前起こった例を2つ挙げてみます。1つ目は、生徒と女性教師の問題です。同じクラスメイトと付き合っている女生徒が彼氏である男子生徒に色目を使ったと女性教師に訴えかけた事件がありました。このように女性教師は女生徒の敵になりやすく、生徒によるイジメなどもあります。

また、2つ目は男性教師が女性教師に言い寄るという問題も過去に起こっています。精神的、身体的に男性教師に劣る女性教師であればかなりの苦痛を背負うことにもなります。

女子生徒の良き相談相手

ただし、言い換えれば、そのような困難にも屈することなく面と向かって問題に対処できるタフな持ち主であれば、女性教師であろうと働き方に違いはまったくありません。

また、恋愛の悩みを女生徒は常に抱えています。そして相談するとしたら間違いなく女性教師に相談します。ですので、女性教師だけにしか打ち明けられない悩みも生徒は持っていますので、男性教師よりも生徒との人間関係を深く築くこともできるのが特徴です。

仕事体験談