高校教師の苦労、つらいこと

高校教師にはやりがいと同時に苦労もあります。以下に挙げる苦労はその代表するものです。

生徒の勉強意欲

こちらが一生懸命組み立てた授業も生徒はなかなか聞いてくれません。授業中の居眠り、遅刻、ボイコットなど、真面目に受けてくれない生徒もでてきます。

その生徒に対してどのような対応をとり、処理、解決をするかによって、教師の資質が問われてきます。一人の生徒のことで毎夜頭を悩ますこともあるでしょう。

生徒への対応

また、特に男性生徒は持て余している葛藤や悩みを暴力によって訴えかけることもしばしばあります。生徒間のいざこざ、教師に対しての暴力、他人への暴力、そして万引きや傷害など、さまざまな頭を抱える問題が浮上することでしょう。

この時に大事なのは生徒を問題児として見捨てるのではなくて、どうしてこのような問題が起きたのか、そしてどのように解決すればいいのかを考えることです。

よく言われるのは、教師にとっては大勢の中の生徒ですが、生徒にとってはたった一人の教師なのです。生徒が直面している問題に教師も立ち会わなければなりません。

喧嘩やいじめなど、学校の中には度が過ぎる問題も出てくるでしょうが、そこで教師が見知らぬ振りをしてしまったら、「大人なんてそんなもんだ」「教師なんて役に立たない」などと思われてしまいます。

生徒の親

最近流行にもなってしまっている「モンスターペアレント」が代表的です。理不尽な要求や問題を掲げて教師を訴え、そしてPTA、教育委員会にまで問題が上がってしまうこともあります。

教師であれば、例え親に対しても毅然とした対応をすることが求められます。特に大学推薦や就職など学校側の対応が求められるときが要注意です。

「うちの子が推薦をとれなかった」、「推薦をとるために欠席日数を消してくれ」「就職の内定が貰えなかったのは教師が生徒を推してくれなかったからだ」などさまざまな理由をこじつけて親は教師に訴えてきます。

このように、高校教師には一般の企業に勤めている方とはまた異なった苦労があります。肉体的疲労よりも、精神的疲労が多くなることでしょう。

しかし、この苦労を乗り越えたあかつきには、その先に教師としてのやりがいや、感動、達成感、生徒との深い絆を持つことができるでしょう。

仕事体験談