高校教師の1日

ここでは高校教師がどのように1日送っているのかタイムスケジュールでご紹介します。

8:30 職員会議(職員たちの朝のホームルーム)

本日の欠席する教員の有無や、それに対しての授業の代理決め、また教室でのホームルームで生徒に言わなければならない事柄、渡すプリントなどを整理します。だいたいは持ち回りで司会を決めます。

また、そのあとに学年ごとに分かれて、簡単なミーティングがある場合もあります。

9:00 教室でホームルーム

朝の職員会議で伝えるべき事項を伝えます。朝は生徒が遅刻して不在の場合も多々あるので、そのときは放課後のホームルームで伝えます。

9:10〜午前終了

時間割に即して教壇に立ちます。もし授業がなければ次の授業の時の準備をしたりします。プリントやテストなどもここで作成します。

また新人時代であれば、教室に行って、授業風景を見学させてもらったりします。どのように授業を運んでいるのか、プリントの使いどころ、時間配分などを勉強して、あとで教師に質問したり、アドバイスをもらいます。

ホームルーム

一週間に1回か2回、一時間ホームルームがあります。そこで職員会議の内容を落とし込んだりします。また、文化祭や運動会のイベント内容を決めたり、進路相談を生徒に対してします。

ホームルームは授業以外で生徒と接する貴重な時間ですので、有効に使う必要があります。

放課後

部活動の顧問になっている場合は部活に赴き、そうでない場合は翌日の教材作りの時間となります。

あまり定時という概念がないため、自分の仕事が終わったら帰る形ですが、多くの教師は下準備をするため、帰るのが夜の7時や8時となることもざらにあります。

高校教師は授業だけを教えていればいいというわけではありません。授業を行う上での準備や部活、生徒の進路や問題などに対しても日々考え、悩み、努力し続けています。

仕事体験談