高校の英語教師になるには

どの学部で教員免許を取得するか

高等学校教諭1種免許状(英語)を取得し、採用試験を突破すれば高校で教鞭をとることができます。

この免状は外国語系の学部学科で教職課程を履修すれば取得可能です。教育学部の英語教育専攻でも取得することができます。

いずれにしても、中学校の免許状も併せて取得しておくと中高一貫の私立を受ける際に有利になるため、なるべく中高一括での取得を目指しましょう。

留学経験は強みに

教員免許は所定の単位を取得することで自動的に付与されます。特別な試験が課されているわけではないので、取るだけであれば比較的容易であるというのが正直なところです。

その分、各々の実力差が出やすいのがこの職業の大きな特徴です。中でも英語の教師は英語力という傍目からもはっきりと分かる物差しで実力を測られてしまいがちです。

授業内での発音一つとっても生徒は厳しい目で見ているのも事実です。

もちろん、教師の実力はこれだけで判断できるものではありません。しかし、英語を専門として教壇に立つ以上、十分に努力を積んで実力をつけておくべきでしょう。

留学経験は英語力を高めるだけでなく、海外の文化を生徒に語ることができるという点で大きな武器になります。チャンスがあれば経験しておくことを強く勧めます。

国内でも英会話教室に通ったり、英検やTOEICを受検したりするなどして英語力を高める努力は怠らないようにしましょう。

比較的門戸は広い

主要5教科に含まれる英語科は毎年一定数の採用があります。公立での勤務を希望している人は採用試験の対策を十分にし万全を期して臨めば大いにチャンスはあるでしょう。

ただし自治体によっては中学校との一括採用制をとっているところもあるため、合格しても高校での採用とならないこともあります。

私立の求人も英語は比較的多めに出ているといえます。各学校の募集要項に従って受験するか、私学適性検査を受けるかして採用を目指しましょう。

残念ながら正規の採用とならなかった場合でも、非常勤講師としてまずは現場に出ることがおすすめです。年度のギリギリまで諦めずに試験を受けるようにしましょう。

指導方法は毎年改良を

世界的に見ると日本人の英語力は残念ながらあまり高くないと言わざるを得ません。

これを懸念し、度々見直されるのが学校での英語教育です。最近では小学校でも英語の授業が行われるようになりました。

これに伴い、中学校、高校のカリキュラムもマイナーチェンジを重ねています。

他の科目に比べて、教える内容や教え方などが国家レベルで見直される科目であるといえます。教師自身も時代の流れを敏感に察知し、常に学び続ける姿勢を持ち続けることが必要です。

進路指導でも実力を発揮

海外の大学や英語に力を入れている大学への進学を考える生徒にとって一番の相談相手は英語科の教師です。

試験対策はもちろん、入学後の心得など他の科目の教師にはできない助言ができるため、進路指導の際に大きな活躍を期待されるでしょう。

めでたく生徒が志望の大学に進学を決めた際には大きなやりがいを感じられるはずです。

仕事体験談