広告宣伝部門で働くには

入り口をどう選ぶか

一般企業の新卒総合職採用の場合、配属先を選ぶことはできません。

そのため、エントリーシートや面接で「広告宣伝に関わりたい」とアピールして採用されても、営業部門や経理会計部門に配属される、というのはよくあることです。

この場合、時間はかかりますが別部門で経験を積み、異動希望アンケートなどで粘り強くアピールを続けたり、広告宣伝部門内に知り合いを作り、内部から働きかけてもらうといったアクションも有効かもしれません。

広告代理店はもちろん広告宣伝を主な事業としていますが、業務内容が細分化されているのが一般的です。

ここでも総合職採用で配属先は選べないのが一般的ですが、どの部門に配属されたとしても、広告宣伝という仕事に関われることには変わりありません。

例えば制作部門希望だったのに対して営業部門に配属されたら、営業部門で学べることをしっかり学び、自分の強みを作ってから、異動のチャンスを待ちましょう。

採用に有利な学歴はあるの?

大前提として、一般企業の総合職採用は大学卒業者を対象としていることが多いため、まずそこをクリアしないことには広告宣伝部門までたどり着くことは難しいでしょう。

学歴に関しては、広告代理店の場合も同様です。

大学の学部によって配属の際に有利不利はあるのでしょうか?

商学部や経済学部で、マーケティングや統計学、その他広告宣伝に役立つ学科を専攻することは無駄ではありません。

しかし特別な資格や専門知識が必要な仕事ではないため、どんな学部で何を専攻している人にも、チャンスはあるといえます。

近年ではウェブ媒体での広告展開が重要視されるようになってきていますから、コンピューターサイエンス学部などの理系学部出身者も重宝されます。

未経験からの転職

中小企業であれば、未経験からの広告宣伝担当者の中途採用もありえるでしょう。

広告宣伝職は未経験だが興味があるという人は、現職と同じ業界を選んだり、広告代理店の人材募集で現職と同職種がないか探してみるといいかもしれません。(例えばメーカーの営業担当であれば、広告代理店の営業ポストに応募するなど)

しかしどんな業務内容であっても、広告宣伝制作に関わるのであれば、ある程度のクリエイティブな考察力とセンスを求められます。

日ごろからアートや文学、音楽、雑学などさまざまなクリエイティブ分野へのセンサーを張っておくことが大事です。