広告宣伝の勤務時間・休日・残業

勤務時間は長くなりがち

広告宣伝担当者の勤務時間は長くなりがちです。

関係者やクライアントの都合に合わせて残業したり、キャンペーンやイベントを担当しているのであれば、早朝出勤や休日出勤もありえます。

フレックス制を導入している企業であれば、自分のスケジュールに合わせて出勤時間を変えることもできます。

しかし忙しい時期には朝から晩まで業務が詰まっているため、フレックスタイムでの契約でも結局朝に出勤して、深夜まで残業することも珍しくないそうです。

休日の取り方は?

関係者のスケジュールの都合や、イベントの立ち会いのために休日出勤した際は、建前としては振替休日を取得できます。

業務がそれほど忙しくない時期であれば平日に休日を振り替えることが可能ですが、スケジュールが詰まっていればそれも難しく、何日も休日なしで働くこともあるでしょう。

法令を遵守したい企業は振替休日を取るように迫ってきますが、業務上そうもいかず、振替休日を取っていることにして、実際は振替日に働いている担当者が多い現実があります。

残業時間と時間外手当

時間外勤務が多い仕事ですから、時間外手当が相応に支給されるかどうかは、雇用条件でしっかり確認するのが賢明です。

いくらやりがいのある仕事でも、労働時間に対しての報酬が少ないと、モチベーションが下がりますし、身体的にも疲弊してしまいます。

年俸制を採用している企業は、額面は一見多く見えても、時間外手当を基本的に支給しないケースが多いです。

また「時間外手当支給」と明記してあっても、支給対象時間に上限がある企業もあるので、要確認です。

オンとオフの切り替えは?

極端に言うと、オンを楽しめる人にしか向いていない仕事かもしれません。

クリエイターを初めとするモチベーションの高い人たちと出会い、彼らから学ぶことに喜びを見出せれば、これほど楽しい仕事はありません。

オフの時間を取ることはもちろん必要ですが、それがないと息が詰まってしまう、モチベーションが下がってしまうという人だと、長期間は続けることが難しいのではないでしょうか。