広告制作会社の仕事、業務内容

広告専門のプロダクション

テレビやラジオでコマーシャルとして放送される広告、新聞や雑誌の一面に掲載される広告、駅や街中にポスターとして貼られる広告。

最近ではインターネットのHPや動画サイトでもさまざまな広告を見ることができます。

また、パンフレットやカタログ、DMなど特定の顧客に配布する印刷物も広告のひとつです。

このようなさまざまな広告の制作を手がけているのが、広告制作会社です。

大手の広告代理店の場合はクライアントを探す営業やマーケティングを行う事業、クリエイティブ専門の制作など、広告に関するあらゆる仕事を自社で行いますが、中小企業の広告制作会社の場合はクリエイティブな仕事に限定していることが多いようです。

広告制作会社は、いわゆる広告専門のプロダクションとしての役割を果たしていると理解するとよいでしょう。

広告制作会社の仕事の流れ

それでは、広告制作会社の具体的な業務内容を見てみましょう。

企業の規模や力を入れている分野によってどのような人材を抱えているかは異なりますが、基本的にはキャッチコピーや紹介文などの文章を作成する「コピーライター」や広告のビジュアルを考える「アートディレクター」「グラフィックデザイナー」、CMの企画を考える「CMプランナー」映像担当の「カメラマン」など複数の職種で連携しながら働いています。

コピーライターの仕事
アートディレクターの仕事
グラフィックデザイナーの仕事
CMプランナーの仕事

仕事の流れとしては、まずはクライアントの依頼内容を確認し、PRする商品や事業の内容について打ち合わせや資料を通して勉強するところからスタートします。

ターゲットの年齢や職業によって広告の内容は大きく異なってくるので、このコンセプトの確認は非常に重要です。

若い女性がターゲットの化粧品の広告であれば人気女性モデルを起用する、働き盛りの男性がターゲットの車の広告であればスタイリッシュな雰囲気の映像にする、年配の男女がターゲットの食品広告であれば上品で落ち着いた言葉遣いのキャッチコピーを心がけるなど、それぞれの広告に最も適する表現方法を探ります。

こうして作られた印象的な言葉や映像・音楽を駆使した広告は人々の心に強く働きかけ、特定の商品や事業をPRする際に絶大な効果を発揮するものとなるのです。

広告の制作はいずれも納期厳守のため、予算や人員の関係でハードな勤務スケジュールになることも珍しくありません。

そのぶん、自分のセンスやアイディアを駆使してクリエイティブな仕事に携わることができるやりがいも大きく、人気の高い業界といえます。