広告制作会社に特有の職種

コピーライターの仕事

広告の企画や制作をする広告制作会社では、クリエイティブな職種のスタッフが中心となって働いています。

ここでは、広告制作会社に特有の職種についてご紹介します。

まずは、文章を作成するプロフェッショナルである「コピーライター」です。

商品やイベントを紹介するために取材やリサーチを行い、その魅力を端的に表現できるようなキャッチコピーや紹介文を作成します。

企業の規模や案件の大きさによってはコピーライターとは別に企画全体の構成を考えるクリエイティブディレクターがつく場合もありますが、コピーライターが一人ですべての作業を請け負うこともあります。

コピーライターの仕事

アートディレクターの仕事

コピーライターが文章のプロフェッショナルであるのに対して、制作物のビジュアルデザインを考えるプロフェッショナルであるのが、「アートディレクター」と呼ばれる職種の人たちです。

ポスターや雑誌の一面広告、パンフレットの表紙やWebサイト、DMの構成などを考え、クライアントの広告イメージを具現化するデザインを生みだします。

実際に自分でデザインの完成まで担当することもあれば、「グラフィックデザイナー」や「カメラマン」に指示を出しながら全体の進行を見届ける役割を果たすこともあります。

アートディレクターの仕事
グラフィックデザイナーの仕事
カメラマンの仕事

CMプランナーの仕事

広告制作会社によって力を入れている分野には違いがありますが、映像系の広告を専門に行っている企業では「CMプランナー」が所属していることがあります。

CMプランナーとは、その名の通り、テレビやラジオ、動画サイトなどで放送するコマーシャルの企画や構成を考えるプロフェッショナルのことです。

映像や音楽について深い知識やセンスがあるだけではなく、人気のある芸能人や流行語など時代の流れをよく掴んだ上での旬なアイディアを出せることが大切です。

また、最先端のCGやアニメーションなどの技術にも詳しいことが求められます。

有名なCMプランナーは指名での仕事が入ることが多く、実力と比例して収入が高くなることが多いようです。

圧倒的に実力主義の世界といえるでしょう。

CMプランナーの仕事