広告制作会社の就職、求人、採用の状況

求人は多い傾向

広告業界は人気の高い業界なので、大手の広告代理店や広告制作会社の新卒採用試験は競争率が高いことで有名です。

その一方で、クリエイティブな能力の高さが問われるシビアな世界であることや、不規則な勤務スケジュールやハードワークとなる現場が多いことから、人材の入れ替わりが激しい業界としても知られています。

また、近年ではインターネットを利用するWeb広告の仕事が急増しており、企業によっては圧倒的な人手不足に陥っているようです。

このような背景から、広告制作会社の求人は多い傾向にあり、新卒採用だけではなく中途採用を積極的に行っている企業もあります。

雇用形態の特徴

広告制作会社の求人は多い傾向にありますが、雇用形態は正社員採用であるとは限りません。

この業界は実力主義のため、採用時点では「契約社員」や「アルバイト」としてスタートし、入社後しばらく先輩社員の補助をしながら適性や能力をチェックされることが多いのです。

特に、専門学校や大学を卒業したばかりの若いスタッフの場合、見習いとしてスタートして数年かけて勉強しながら「正社員」へとステップアップしていくことも珍しくありません。

仕事の面でも待遇や収入の面でも一人前になるまでに時間がかかることを理解したうえで、求人広告の内容をよくチェックするとよいでしょう。

フリーランスの多い業界

広告制作会社では、受注した広告物を自社の社員だけで制作するのではなく、フリーランスのクリエイターに外部発注する「業務委託」も非常に多く行われています。

コピーライターやデザイナーなどの仕事はパソコンやソフトさえあればどこででも作業ができるので、手が足りないときだけフリーランスのクリエイターに依頼し、会社に打ち合わせや納品に来てもらうという仕事のスタイルが可能なのです。

「広告制作会社の仕事に興味があるけれど、できるだけ自由度の高い働き方がしたい」と考えている人は、広告制作会社の業務委託のクリエイターの求人を探して応募するとよいでしょう。