航海士の現状と将来性

航海士の待遇は

日本が海に囲まれた島国である以上、海運業がなくなることはありません。

具体的には、海洋関連会社、貿易会社、エネルギー関連会社などがぞくぞくと求人を出しています。航海士はひく手あまたな状況にあるといえるのです。

航海士の仕事は常に危険と隣り合わせなだけではなく、社会的な責任が重いとされています。

このため航海士の待遇は、給与に付加される手当てを含め安定しているといえます。

長い航海にでると数ヶ月は陸地に上がれないため、勤務体制は極めて変動的なものになりますが、その分休暇体制は万全です。

航海士に必要な海技士資格は国家資格ですので、手にしていれば転職先に困ることは少なく、キャリアアップを目指す航海士もたくさんいます。

つまり、身分が保証された安定した待遇のもとのびのびと働くことができるのです。

日本人航海士の需要

日本の最近の経済傾向を見ると、海外からの輸入製品に対する需要は高まるばかりに思えます。

それに伴って、船で製品を運ぶことのできる航海士の需要もますます高まっていくでしょう。

しかし、社会の流れはコスト削減へも向かっているといえます。

航海士の仕事についても例外ではなく、海外への航海を行う外航船には東南アジア系の航海士を採用したがる企業が増えてきています。

実際、外航船に乗ってみると船長以外のほとんどの船員はインド人やアジア系であったという話も聞こえてきます。

経費を抑えるために、人件費は真っ先に槍玉に挙げられてしまうのでしょう。

航海士にとっての好機

しかし日本人の航海士はこうしたアジア勢に押されているばかりではありません。

日本人のもつ忍耐強さや勤勉さこそ、航海士が仕事に活かすことのできる利点なのです。

たくさん雇用されている東南アジア系の航海士をひとつにまとめ、船内で統率の取れた指揮を行えるのは日本人航海士なのではないでしょうか。

外国人航海士にはない自身の持ち味をアピールしてキャリアアップにつなげたいのであれば、航海士に外国人が増えている現在の状況を好機と捉えることもできるでしょう。