航海士(海技士)の資格

航海士になるためには

航海士として船に乗り込むためには、「海技士」の国家試験に合格して免許を取得する必要があります。

海技士の免許は、航行する区域や船の大きさ、担う業務などにより、以下のように分かれています。

・海技士(航海)1級~6級
・海技士(機関)1級~6級
・海技士(通信)1級~3級
・海技士(電子通信)1級~4級

上記のうち、航海士として働きたい場合は「海技士(航海)」の免許を取得することになりますが、受験する級ごとに満たさなければならない要件が設けられています。

それでは、海技士国家資格試験とはどのようなものであるか具体的に説明します。

海技士国家試験の内容

海技士の国家試験は、年に4回行われています。

試験内容は筆記試験、口述試験(質疑応答や面接)、身体検査(視力、聴力、疾患の有無)の3本柱で構成されています。

6級から1級にかけて難易度が高くなっていき、級が上がるにつれ、口述試験は英語で行う必要があるなど英語力を試す科目が課せられます。

航海士(海技士)試験の難易度・合格率

海技士の受験資格

海技士の国家試験には受験資格があります。

受験資格を得るための方法としてはいくつかの道がありますが、代表的なものは以下の通りです。

・中学卒業後、商船高等専門学校に進学する
→卒業後、3級海技士の国家試験が受験可能。

・高校卒業後、4年制の海事系大学に進学し、卒業後、さらに6ヵ月間の乗船実習科を修了する
→3級海技士の国家試験が受験可能。

・中学卒業後、海上技術学校(本科)に進学し、卒業後、さらに6ヵ月間の乗船実習科を修了する
→4級海技士の国家試験が受験可能。

・高校卒業後、海上技術短期大学校(専修科)に進学する
→卒業後、4級海技士の国家試験が受験可能。

いずれも、国家試験のうち学科試験に関しては免除されます。

資格を取得するためには

どの進路を選ぶにしても、修了・卒業後に手にできるのは国家試験の受験資格であり、実際に試験に合格するかどうかまでは保証されていません。

卒業後に乗船実習が課せられる場合には、慣れない船上での生活に教科書を持ち込んで、船上作業の合間に受験勉強を行う必要があります。

在学期間中に乗船実習を行う場合でも、在学期間のほとんどを乗船実習にあてる学科もあることから、普通の学校での学生生活とは異なるものになるでしょう。

船での生活は日常生活と比較して環境が異なり、体調管理や時間管理を行うことが必要です。

そんな過酷な状況でも、受験勉強を効率よく、根気よく続けた人だけが海技士試験に合格することができます。