航海士の勤務形態・休日

航海士の勤務体制

船は24時間体制で航海を行うため、乗っている航海士にも基本的に休みはありません。

勤務自体はもちろん交代制で行われ、一回につき4時間の勤務を一日に二回担当するのがよくあるパターンです。

しかし、たとえば網を引き上げる作業をしている最中に休憩時間になったからといって持ち場を離れる航海士はいません。

そのとき行っている作業が切りよく4時間で片付くとは考えにくく、実質一日8時間以上働くことになるのが普通です。

また海が時化て大荒れ模様になるときは、船員一丸となって対応するため激務が続くこととなります。

また、同じ航海でも時間帯によって忙しさや重要度は異なり、一般的に深夜の時間帯がもっともハードであるとされています。

この時間帯の勤務にあたる二等航海士にとっては、昼夜が逆転した状態が続くため体内時計に影響が出ないような工夫が必要になることもあります。

航海士の休日

航海士の勤務体制はとても特徴的です。1週間出勤して3日間休み、半年間出勤して丸々2か月休みといったようなところもあります。もちろん、長い休みの期間中も給料は保証されます。

通常の会社のように決まった勤務体制ではありませんが、プライベートの時間と仕事の時間をしっかりと分けやすい仕事ともいえます。

航海に出ている間は家族にも一切会えませんので、その点は家族に十分に理解してもらう必要があるでしょう。

船の上での休日

航海中の休日はやはり船の上で過ごすことになります。

どこかに出かけるわけには行かない航海士にとって、上手に気分転換することがとても大切になります。

船は仕事場であり我が家でもあるので、顔を合わせる他の船員は同僚でもあり家族でもあることになります。

ずっと同じ顔ぶれで航海を行うには、円滑な人間関係が不可欠であり、そのためにも休日中はストレス発散しなくてはなりません。

船が停泊している時のストレス発散として良く行われるのが、イカ釣りではないでしょうか。

特別な竿を用意することなく、釣り糸に針をつけた簡単な装備で楽しむことができる手軽さが人気に秘密のようです。

釣り上げたイカはもちろん食べますが、海に慣れ親しんだ航海士はイカの一番美味しい部位を良く知っています。

柔らかく食べやすい部位だけ切り取られたイカがずらりと干されている様子は、航海士ならではの休日のひとこまです。