航海士の一日

ある三等航海士の1日

ここでは外航船に乗船する三等航海士の1日を紹介します。

勤務時間は24時間のうち、4時間×2の8時間です。ただし、緊急時や人出が足りないときには、当直中以外の時間に働くこともあります。

6:00 甲板でラジオ体操

甲板に船員全員が集まり点呼を行い、ラジオ体操を行います。

それが済んだらデッキブラシを手にして甲板部分についた塩分を真水で洗い流す作業を行います。

これを怠ると船体部分が錆びてくるため必ず行わなければなりません。

朝からの当直に当たっていないからといって、遅くまで寝ているわけにはいきません。

7:00 朝食

船での食事は船舶料理士が担当します。

船員法にもとづいた国家資格を有する船舶料理士によって、栄養バランスの良い食事が準備されます。

船舶内の厨房は驚くほど狭く、積み込んである食材にも限りがある中で毎日美味しい料理を全員分作るのはとても大変なことです。

8:00当直

三等航海士が担当することが多いのが、この時間帯の当直です。

普段、人が起きている時間帯であるため体力的な負担は少なくすみます。

12:00 昼食

他の船員と顔を合わせることになる昼食の時間は大切なコミュニケーションの機会でもあります。

他の時間帯を当直している船員とは、この時を逃すと顔を合わせないこともあるので積極的に会話を交わします。

13:00休憩

海が荒れていない時で船が停泊している場合には甲板から釣りを楽しむ航海士の姿が見られます。

港に船が着けてある場合なら外出することも許されます。

夕食の時間までは休憩時間にあたるため、かなり自由が利くのがこの時間帯です。

18:00夕食と休憩

航海中は仕事終わりに飲みに出かけることもできない航海士にとって、貴重な喜びでもあるのが食事の時間です。

たまたま乗り合わせた船舶料理士の腕前によって出される料理の質も変わるので、そこは運次第ともいえます。

20:00再び当直

乗船経験の浅い三等航海士がこの時間帯に当直を担当するには理由があります。

三等航海士の監督と教育は船長や機関長がおこなうため、そうした役職の高い人たちが起きている時間帯である必要があるからなのです。

24:00就寝

一般企業に勤める人からするとかなり遅い時間まで勤務していることになります。

翌朝寝坊しないため急いで眠りにつきます。