広報の社内での位置づけ、役割

社会との接点をつくる仕事

広報にはいくつかの大きな業務がありますが、最も重要な役割のひとつといえるのが、社外に対するPR活動です。

たとえ立派な理念の下に経営や事業展開を行っていても、その内容が正しく消費者や株主、そして社会全体に認知されなければ、それはほとんど無意味なものになってしまい、企業として安定的に存続、繁栄していくのは難しくなってきます。

そうした点を踏まえ、広報は、自社の活動内容やさまざまな情報を外部へわかりやすく発信する役目を担うことで、社会との接点を積極的につくります。

あらゆる組織で必要とされる

広報部門は、総務や経理・財務などと同じ「管理系」部門のひとつとして位置付けられることが大半です。

裏方として、会社の経営を支えるポジションとなります。

先に挙げた社外広報の仕事以外にも、社員に対し、会社全体に関わる情報共有をすることも広報の役目となっています。

小規模の組織では広報部がないこともありますが、広報的な役割を担っている人は必ず存在し、あらゆる組織にとって広報は不可欠な仕事となっています。

長期的な視点で目的を達成していく

広報は、営業のように日々売上をどんどん上げていく仕事ではありませんが、見えないところで会社の売上に貢献することができます。

たとえば、広報が自社の新商品についてプレスリリースを作成し、それを基にした記事が新聞・雑誌などで紹介されれば、爆発的に売上が伸びるといったことがあります。

また、Webサイトなどで自社の魅力を発信し続けることによって、ブランドイメージが向上し、結果的にお客さまが増えるということもあります。

もちろん、売上や顧客数増加などは広報活動以外にもさまざまな要素が絡み合っての結果であるため、簡単に広報の成果を数字で表すことはしにくいのですが、効果的な広報活動ができれば確実に企業の力は高まります。

こうしたことから、広報は短期的に目的を達成するというよりも、長期的な目で見たときに、自社の売上や認知度向上などに貢献できる力を持っている仕事であると考えられています。