広報の種類

広報の仕事の種類

企業などのあらゆる組織で活躍している広報。

企業そのものや、自社商品・サービスの特徴、魅力を人々にわかりやすく伝えていくことを役目としていますが、その具体的な仕事内容は、大きく以下の3種類に分けることができます。

社外広報

消費者やマスコミに向けた広報活動です。

多様な業務がありますが、代表的なのは「プレスリリース」の作成です。

それを通じてテレビや新聞、雑誌などのメディアに向けて情報を発信し、報道してもらうことで、自社の情報を世に広めていきます。

そのほか、マスコミの取材対応、イベントの企画、会社案内の作成、自社Webサイトやブログ・SNSの更新などを行い、「PR」を目的として自社と世の中とつないでいく役割を担います。

社内広報

自社で働く社員に向けた広報活動です。

組織が大きくなればなるほど、個々の社員にとっては、会社がいまどのような状況にあり、どのような方向を目指しているのかが見えづらくなってきます。

そこで、広報は社内報やメールマガジンなどを作成し、自社の事業展開やイベントスケジュールなどを社員向けに発信することで、社内での情報共有を図ります。

日ごろから自社の活動全体を把握するために、開発部門や営業部門などの各部門と連携をとり、動きを追っていきます。

IR

株主や投資家に向けた広報活動です。

企業の財務状況や経営戦略、事業展開、役員の交代といった投資の判断基準になるであろう多様な企業情報を、株主や投資家に対して正確に伝えていきます。

投資家から安心して継続的な投資を行ってもらうために、欠かせない業務となっています。

広報と関連する仕事

上記のうち「IR」に関しては、広報と別部門が置かれていることもあります。

また、同じPRに関わる仕事として「宣伝」という仕事もあります。宣伝は、パブリックに対して自社広告を展開するための企画・戦略を練り、実行に移していくことをおもな役目としています。