広報の資格、スキル

広報に関連する資格

広報は、この仕事に就くうえで特別に必要とされる資格はありません。

大半の人は、まったくの知識がないところから広報に配属され、実務を通じて徐々にスキルを身につけていきます。

ただし、広報の業務に関連する資格というものは存在しており、それを取得することで広報としてのスキルを示す材料として利用できたり、実務上でも役立たせたりすることができます。

PRプランナー資格認定制度

広報の資格として代表的なものが、「PRプランナー資格認定制度」です。

本検定試験は「公益社団法人 日本パブリックリレーションズ協会」が主催しており、広報に必要な知識、スキル、職能意識を有することを認定するものとなっています。

PRプランナー資格認定制度は「1次試験」「2次試験」「3次試験」の3つの試験に分かれており、合格した試験の種類などによって以下の3つのレベルのうち、いずれかが取得できます。

PRプランナー

認定条件:1~3次試験合格者、かつPRプランナー書類審査合格者
日常的な広報・PR実務を幅広くこなし、かつ広報・PR責任者をサポートする知識・提案能力を有することを認定する資格です。

准PRプランナー

認定条件:1~2次試験合格者、かつ准PRプランナー書類審査合格者
広報・PR実務に必要な専門知識を有することを認定する資格です。

PRプランナー補

認定条件:1次試験合格者、かつPRプランナー補書類審査合格者
広報・PR実務に従事するために必要最小限の基礎知識を有することを認定する資格です。

詳しくは、以下の公式ウェブサイトをご確認ください。

PRプランナー資格認定制度/検定試験

資格はどう生かす?

広報に関連する資格としては、現在のところ、このPRプランナーの存在感が最も大きくなっているようです。

ただし、就職や転職の際に資格が必要とされることはまれであり、即戦力を求めている企業の場合は、経験が最重視されます。

資格があれば絶対に広報として働けるというわけではない点は覚えておきましょう。