広報と宣伝の違い

それぞれの役割の違い

広報と宣伝は、どちらも企業や商品・サービスを人々に認知させていく仕事ですが、その役割をよく見ていくと、両者には大きな違いがあります。

それぞれの違いを考えるとき、最も大きなのは「メディアを有料で利用するかどうか」という点が挙げられます。

わかりやすくいうと、広報の仕事では、広報担当者が自らプレスリリースを作成し、それが報道関係者の目に留まり、新聞や雑誌の記事として取り上げられることによって、結果的に自社の情報が世の中に伝わります。

一方、宣伝は企業が予算を組み、広告代理店などプロと連携してテレビCMや新聞広告、チラシなどの広告物を制作し、意図的に伝えたい情報を世の中に広めていきます。

広報の場合、あくまでも記者ありきのPR活動となりますが、宣伝の場合は費用をかけることによって、言いたいことをよりダイレクトに伝えることができます。

記者の視点が入らない分、宣伝はより効果的なアピールがしやすいといえますが、広告物の制作には莫大な費用がかかるため、きちんと戦略を立てた宣伝活動が必要となります。

広報は人脈が命

自社と世の中の間に記者などの「人」が入る広報の場合、いかにメディアとの円滑な関係を築くことができるかということが、仕事で成果を上げるためのポイントになります。

日ごろからメディア方面に人脈を作っておけば、自社の動きにより注目してもらいやすくなり、取材を受ける機会も増えます。

そうした意味では、宣伝の仕事以上にコミュニケーション能力が問われるといえるかもしれません。

ただし、広報と宣伝どちらがえらいというわけではありません。

企業は、両者をいかに連携させながら効果的に情報を発信するかを考えていくことが大切です。

同じ部門にまとめられていることも

大手企業などでは、「広報部」と「宣伝部」がそれぞれ別部門として設置されていることもありますが、小規模の企業ではどちらも同じ部門にあり、同じ担当者が両方にまたがる仕事をこなしているケースも見られます。

先に述べた通り、具体的に担っている役割は異なるものの、「自社の情報を発信する」という点で、関連している部分は多いといえるでしょう。