広報のキャリアパス

まずは広報の仕事に関わることを目指す

広報の活躍の場は幅広く、ありとあらゆる業界の企業が就職先の選択肢となります。

しかし、一部の大手企業を除くと、ひとつの独立したセクションとして広報部門を置いている企業はそこまで多くありません。

さらに、大手では新卒社員を一括採用した中から適性などを見て各部門に配属するケースが多いため、自分の希望通り広報部で仕事ができるとも限りません。

中途採用の場合は広報としての求人が出ていることもありますが、経験者が優先的に採用されています。

これから広報としてキャリアを積んでいきたいと思っても、なかなかその仕事に就くことも簡単ではありません。

広報としての就職が難しい場合、まずはPR会社でPRという仕事について学んだり、広報業務を兼務する総務の仕事に就いたりして経験を積み、そこから一般企業の広報部へ転職を目指す人もいます。

実務経験を通じてスキルアップ

広報の仕事に携われることになったら、そこからは現場でスキルを磨いていきます。

広報は、営業やマーケティング、経営企画の考え方と近しい面もあり、それらの部門から広報部へ配置転換となる人もいます。

身につけてきたものを生かしながら、広報のプロフェッショナルを目指します。

なお、ある程度大きな組織で働くとなれば、広報部門の中でも担当業務が「社外広報」と「社内広報」に分けられることも多いです。

社内で会社の情報を共有する社内広報も重要な仕事ですが、広報として多様な場で幅広く活躍できるだけのスキルを磨いていきたいのであれば、社外広報の仕事を経験するほうがよいでしょう。

社外広報で身につけたマスコミ対応のスキル、記者やメディア関係者との人脈などは、現場でしか得られない貴重な財産となります。

広報のプロフェッショナルへ

経験を積み、質の高いPRができるようになれば、もはや企業にとっては欠かせない人材としてみなされます。

実力次第で大きく収入をアップされることも可能になるでしょう。

広報は、一人前になるためには時間と経験が必要になることから、そもそも異動があまり多くない職種といわれています。

同時に、広報という仕事に誇りとやりがいを感じている人も多く、そのまま広報のプロフェッショナルとして活躍する人が多いようです。

別のキャリアとして、自らPR会社を立ち上げたり、コンサルタントとして独立して働く人もいます。