皇宮護衛官の仕事内容

「護衛」と「警備」

皇宮護衛官とは、天皇・皇后両陛下や皇族の護衛と皇居、御所、御用邸などの警衛を行う仕事です。警察庁の附属機関である皇宮警察本部に所属し、身分は国家公務員となります。

皇宮護衛官が所属する皇宮警察本部には、大きく分けて2つの仕事があります。

ひとつ目は「護衛」です。天皇皇后両陛下や皇族各殿下をいかなる状況下でも確実にお護りするのが役割です。また、国賓や海外の大使などの皇居参内時における護衛も行っています。

ふたつ目は「警備」です。普段から皇居や御所、御用邸などへの不審者の侵入などを防ぎます。また、一般参賀などの儀式や宮中行事の際に、何事もなく平和に終わらせるように警戒・警備することも大切な仕事です。

皇宮護衛官の主な組織

組織は「警務部」「警備部」「護衛部」の3つに分かれています。

警務部

皇宮警察本部の人事や総務などを担当しする組織を支える部門です。音楽隊もあり、皇室行事で演奏を行うこともあります。

警備部

儀礼服という特殊な制服を着用し皇居、赤坂御用地、正倉院などの警備を行います。皇室行事の警備の企画を行うほか、管轄内での消防活動も担当します。

護衛部

天皇・皇后両陛下や皇族各殿下のご身辺の警護を担当します。白バイや騎馬で護衛にあたるほか、行事の際には各都道府県の警察との打ち合わせも行います。語学力やスキー、テニスなどの技術も必要とされ、幅広い知識や能力が求められます。

皇宮警察の専門部隊

皇宮警察には、突発対応事案などへの対応をする特別警備隊や、火災が発生した場合に即座に消火活動を行う消防隊、また馬に乗って護衛を行う騎馬隊などの専門部隊も存在します。

これらの専門部隊も、皇宮護衛官のなかから本人の希望や能力、適正に応じて選ばれた人たちで構成されています。さらに白バイ隊を目指すことも可能です。

皇宮警察の白バイ隊は、都道府県警のそれのように交通取り締まりをするのではなく、皇族の乗車する車の先導や護衛などを中心とする仕事を行います。いかなる場面においても「皇室守護のプロフェッショナル」という、強い責任感と志が必要になります。

側衛官

天皇皇后両陛下、皇族各殿下を最も近くでお護りするのが「側衛官」です。皇族が日本各地、また海外を訪問される際にも同行し、護衛を行います。

武道や体力、乗馬技術などに自信があるだけでなく、語学力、丁寧な立ち振る舞いや言葉遣いの良さなど、人間的にも優れていると認められた人のなかから選抜される、皇宮護衛官のエリートといえます。

平成26年に護衛警備を実施した主な行事

・1月2日:新年一般参賀
・3月17日:ベトナム社会主義共和国主席の皇居参内
・4月4日〜8日:春季皇居乾通り一般公開
・4月17日:春の園遊会
・4月24日:アメリカ合衆国大統領の皇居参内
・6月8日〜21日:故宜仁親王葬儀
・10月2日:典子女王殿下御結婚に伴う朝見の儀等
・10月29日:オランダ王国国王の皇居参内
・11月6日:秋の園遊会
・12月2日〜7日:秋季皇居乾通り一般公開
・12月23日:天皇誕生日一般参賀