皇宮護衛官の現状と将来性

長い歴史を持つ皇宮警察

皇宮警察のはじまりは、いまから120年以上も昔の1886(明治19)年。その後、警視庁の附属機関のひとつとなったのが現行警察法が改正された1954(昭和29)年で、皇室の長い歴史とともに歩んできた歴史ある組織です。

その組織で働く皇宮護衛官には「皇室守護」という絶対的な使命があります。これは組織が変わっても変わらずに受け継がれてきた使命であり、この先も皇室が存在する限りずっと続いていくものと言えます。

皇宮護衛官の将来性

このように、皇宮警察は日本を代表する皇室守護のために欠かせない組織です。皇宮護衛官は全体で約900名程度ですが、毎年新たな人材を一定人数採用し、一人前の皇宮護衛官になるように育てています。

皇宮護衛官は国家公務員であるため、安定した環境で働くことができると言えるでしょう。

また将来性という面で見ると、皇宮護衛官は自分の希望や能力、適正に応じてさまざまな仕事に挑戦することができます。騎馬隊や白バイ隊、特別警備隊などに入るには厳しい訓練も必要になりますが、挑戦することによって自分の可能性を広げることができます。

さらに、皇宮護衛官には階級があり、決まった年数勤務してからは昇任試験を受けることができます。試験に合格すれば昇任して階級が上がり、それに応じて給料もアップしていきます。

安定した仕事でありながらも、自分の意欲次第でどんどん成長していくことができる仕事です。

将来の身分も保証

日本の財政状況の悪化から、公務員の削減が進められています。しかしながら、皇宮護衛官の人数は少なく、また任務も特殊であることから、大幅な人数の削減はないと考えられます。

給与や待遇に関しては現状よりも悪くなる可能性はありますが、今後も身分は保証されると言えるでしょう。