皇宮護衛官に向いている人、適性

正義感が強く誠実

天皇皇后両陛下や皇族各殿下をお護りするのが皇宮護衛官の使命です。日本の伝統ある皇室を守るということは、決して簡単な気持ちで務まるものではありません。そのため、何よりも正義感にあふれ、いつでも誠実な対応をとれることが重要な適正として挙げられます。

日本文化に興味がある

皇宮護衛官は、いわゆる「日本文化」に親しみを持つことが求められます。皇宮警察学校でも茶道や華道、短歌、書道などの授業が行われ、教養を深めていきます。

幼い頃からこれらを続けてきた人でなければならないといったことではありませんが、自分から興味・関心を持ち、学ぼうとする姿勢が大切だと言えます。

忍耐力・集中力がある

皇宮護衛官の仕事は、決して派手なものではありません。警察官とは異なり、一般市民を直接相手にすることはさほどありません。しかし、立番中はじっと立ち続けていなければなりませんし、不審人物が侵入しないようにしっかりと見張る必要があります。

護衛署は静けさに包まれることも多いですが、そのような空間でも集中して仕事を続けることができる忍耐力も必要です。

礼儀正しさ

皇宮護衛官は、国賓や外国の大使など、重要なゲストを間近で見る機会が多くあります。そんなとき、任務をきちんとこなすことはもちろんですが、日本人の代表として恥ずかしくない姿を見せなければなりません。

言葉遣いや立ち振る舞い、マナーなどは一朝一夕で身に付くものではないため、日ごろから人間性を高めることが必要です。警察官としての一般的な能力を持っているというだけでなく、礼儀正しさを重視できる人は、皇宮護衛官には向いていると言えます。