皇宮護衛官の魅力

日本文化に触れられる

皇宮護衛官は、皇室行事などで伝統的な日本文化に触れる機会が多くあります。また、日本の歴史は皇室の歴史でもあるため、日ごろから日本文化に親しみを持つことは皇宮護衛官にとって必須とも言えます。

「護衛」や「警備」という責任ある仕事を通じて、自分が暮らしている日本の歴史と文化を間近で感じられることは、この仕事ならではの大きな魅力です。

誇り高き仕事であること

皇宮護衛官として採用されれば、誰でも「皇族をお護りするのだ」という使命感が生まれ、身の引き締まる思いだと言います。皇室行事などの際には皇居へ大勢の一般市民が訪れるため、いつ、どんな危険なことが起こるかわかりません。

常に皇族を側でお護りし、平穏無事な日常を続けること。決して派手な仕事ではありませんが、皇宮護衛官の活躍があってこそ、日本の平和が守られてるとも言える誇り高き仕事です。

日々の訓練で成長できる

皇宮護衛官に求められる素養はたくさんあります。法律などの知識に加え、いざという時に体を張れるほどの体力、立ち振る舞い…毎日が勉強です。

ときには厳しい、逃げ出したいと思うこともあるかもしれませんが、前向きに訓練や業務に取り組めば、少しずつ皇宮護衛官として成長していくことができます。

能力がつけばつくほど、新たな仕事に挑戦できたり、ステップアップのチャンスも増えていきます。意識を高く持っていれば必ず成長し続けることができるのは、皇宮護衛官の仕事の魅力です。