国連職員への転職

国連職員の中途採用の種類は?

国連職員の仕事には、新卒だから有利、という概念はありません。

国連という多国籍な組織で、多岐に渡るニーズにどう貢献できるかが重要なため、あらかじめ社会経験やスキルを持った人を採用するのが一般的だからです。

国連には中途採用という採用形式はありませんが、特定のポストに空席が出た際に、一般から職員を募集するシステムが、中途採用の考え方に似ているといえます。

空いたポストに応募する場合は、そのポストに関連する分野のスペシャリストであることが求められます。いわゆるキャリア採用に当たる考え方です。

空席に伴う新規職員募集は、国連の採用情報専用ホームページ「United Nations Careers」に掲載されます。興味のある人は、このホームページを定期的にチェックするといいでしょう。

United Nations Careers

さまざまな採用制度

特定のポストではなく、「国連職員」という大枠での募集の採用試験を受ける方法もあります。ヤング・プロフェッショナル・プログラムと呼ばれる採用枠です。

しかしこの選抜試験は非常に倍率が高いため、やはりアピール材料となる専門性や経験が有利になる傾向があります。

また、日本人のみを対象としたジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO)という採用制度もあります。日本人のみが対象のため、上記ふたつの試験よりは倍率が低いといえます。

こういった倍率の高い職種に応募する前に、特定プロジェクトのインターンやフィールドサービスとして国連内部で働き、実績を作った上で空きポストや一般選抜に応募するのもひとつの手段です。

国連職員への転職は、何歳までが目安?

空きポストに応募する場合には、とくに年齢制限は設けられていません。

しかし国連職員として精力的に活動していくために、気力体力が充実した年齢層であることは考慮対象になる可能性があります。

反対にヤング・プロフェッショナル・プログラムは、年齢が募集年末の時点で32歳以下である必要があります。

また、ジュニア・プロフェッショナル・オフィサーの場合は、募集年末の時点で35歳以下という条件です。

国連職員への転職に有利な資格やスキル

国連職員になるための絶対条件として求められるのが、国連での公用語である英語かフランス語のどちらかで業務ができることです。

また、特定ポストの求人への応募、ジュニア・プロフェッショナル・オフィサー採用試験の場合には、修士号以上の学歴を持っていることが条件です。

ただし、ヤング・プロフェッショナル・プログラムへの応募には、修士号以上の学歴である必要はありません。

具体的な職種としては、専門性が高いIT、自然科学、金融などのものから、会計、広報、総務などの事務系の職種まで広く募集されています。

そのため、どんな経歴やスキルを持った人でも、国連で働くチャンスはあるといえます。

これまでの経歴やスキルを国際的に活用したい人にとって、国連はやりがいと魅力のある転職先といえるでしょう。