国連職員の出身大学・学部

国連職員になるための土台とは?

国連職員が赴任するさまざまな国際機関によって職種、職務は多種多様であり、そのポストによっても必要とされる能力が異なります。とは言え、まずは国連職員への応募時に必要な最低限の条件から見てみましょう。

・語学力・・・英語もしくは仏語で職務遂行が可能であること
・学位・・・修士以上の学位 ※一部例外あり
・専門性・・・募集機関が求める専門分野での職務経歴 ※一部例外あり

基本的には、この全てを満たして初めて、選考の土台に乗ることが可能と考えられます。

※ 一部例外ありとは?・・・国連職員の採用方法の中には、国連事務局若手職員向けのプログラム(YPP)があり、その場合、学位は学士号以上であればよく、また職務経験も必要とされていないためです。

ただし、実際に採用される人は大学院を卒業している、もしくは在学中の人で、何らかの国際的な仕事やインターンなどの経験者がほとんどです。

国連職員に有利な大学・学部は?

国連職員になるためには、どんな大学を卒業すれば良いのでしょうか。日本で一流と言われる大学を卒業すればなれる職業なのでしょうか。

実は、出身大学名は一切採用に関係ありません。ただ、目標とする仕事をするために、専門性を高めた結果、学歴が高いということはあります。

学部についても、選考に有利な学部は一切ないと国連人事センターのガイダンス資料でも公言されています。

国連職員になるために一番必要なことは、自分が目指す国際機関の情報収集をし、そこで求められる専門性と職務経験(インターン・ボランティアも含めて)を整理し、大学の学部・大学院の専門分野を決めることが重要です。

なぜならば採用では、これまでの専攻と職務経験(キャリア)が一貫していて、即戦力であることが求められるからです。

まずは、国連でどのような仕事に従事し、どのような国際貢献をしてゆきたいか。そこに、大学選びのヒントがあるように思えます。あくまで国連職員になることが目標なのではなく、国連職員として何ができるかという志と明確な目標を持った人を国連は望んでいるのではないでしょうか。