国家公務員試験への転職・中途採用・年齢制限

国家公務員への転職は可能?

民間では、自らのスキルアップやより良い待遇を求めて、ある企業から別の企業へと転職する人も珍しくなくなっている現代。

しかし、皆さんは民間などからの転職先として、国家公務員という道もあることをご存じでしたでしょうか。

国家公務員というと、高校や大学を卒業してすぐに就職し、定年まで勤め上げる…というイメージを抱いている人も多いかもしれません。

もちろん、そのような人は大勢いるのですが、実は国家公務員は外からの転職組も活躍しており、転職者・中途採用者向けの試験も実施されています。

ここからは、転職や中途採用で国家公務員になりたいと思う人が受験できる主な試験について紹介します。

転職者向け国家公務員試験の種類

・総合職試験(大卒程度試験)
・一般職試験(大卒程度試験)
受験資格:おおよそ21歳~30歳未満
年齢要件などが合えば、既卒者や社会人でも受験が可能です。ただし、現役の大学生等と採用枠を争うことになります。

・専門職試験(大卒程度試験)
受験資格:おおよそ21歳~31歳未満(採用試験によって異なる)

・経験者採用試験(民間企業で実務経験のある人を主に対象としたもの)
受験資格:大学等を卒業した日又は大学院の課程等を修了した日のうち、最も古い日から起算して2年を経過していること

・一般職試験[社会人試験(係員級)]
受験資格:40歳未満で、高卒者試験の受験資格を有する人以外

・専門職試験(社会人)
⇒法務教官、皇宮護衛官、入国警備官、刑務官
受験資格:40歳未満

上記のように、転職者や中途採用で受験できる試験はいくつもありますが、それぞれ年齢制限などの受験資格と、試験内容が異なるため注意が必要です。

また、このうち民間企業等における経験を公務で生かすことを目的とした「経験者採用試験」に関しては、ほぼ年齢制限なく受験することが可能です。

ただし、採用を行わない年もあるため事前に確認しておきましょう。