国家公務員に向いている人、適性

奉仕の精神があり、社会貢献の気持ちが強い人

国家公務員は、日本国憲法によって「国民全体の奉仕者である」と定義されています。営利を追求する民間企業に勤めるのとは異なり、いつでも「公共のため」に働くことが求められます。

こうした国家公務員の特性からしても、国家公務員として働くためには、まず広く社会を見て、世のため人のために働きたいという気持ちが不可欠です。また、私利私欲を持たずに公務に当たるには、それなりの奉仕の精神が必要とされます。

社会貢献に対する意欲があり、正義感や使命感が強いタイプの人に向いているといえるでしょう。

責任感が強く、困難に負けないタフさがあること

国家公務員は、国民のための政策を企画したり、法律に関わる仕事をこなしたりと、非常にスケールの大きな業務に携わります。

とりわけ幹部候補生として採用される総合職の職員は、他の公務員に比べて専門性が求められるスペシャリストとしての活躍が期待されます。

こうしたことから、国家公務員には「国をこのようにしたい」という思いと、強い責任感を持って自ら進んでいけるリーダーシップが求められます。なお、時期や配属先によっては非常に多忙となることもあるため、心身ともにタフである人のほうが向いているといえます。

粘り強く物事に取り組める人

国家公務員に対して「エリート」というイメージを抱いている人もいるかもしれません。たしかに、総合職としてキャリアアップすれば、サラリーマンの平均年収よりも高額な収入を得ることも可能になってきますが、出世していくのは決して楽ではありませんし、むしろ責任の重さに対しての報酬は安いと思えるかもしれません。

また、国家公務員は安定しているように思われますが、国の財政状態などの影響を受けるため、定員の削減などのリスクも頭に入れておく必要はあります。

このような決して楽ではない環境の中で地道に任務をこなしていくには、「国家公務員になりたい」という熱意に加え、粘り強さも欠かせません。配属先によって業務内容はさまざまですが、とにかく大きな責任ある仕事をしたいと思える人であれば、給料や待遇以上のやりがいを感じられるはずです。