国家公務員になるには

国家公務員になるには、しかるべきルートをたどっていく必要があります。

主な採用までの流れは、「採用試験→官庁訪問→内定→採用」となっていますが、ここでは、この流れの各段階について詳しく説明していきます。

採用試験

まずは、国家公務員試験を受けることからスタートします。この試験は、大きく分けると「総合職試験(大卒程度・院卒者)」「一般職試験(大卒程度・高卒者・社会人)」「専門職試験(大卒程度・高卒程度)」の3種類に分かれており、試験の「区分」を選んで受験することができます。

また、それぞれの試験において年齢等の受験資格が定められています。

【受験資格の例】
■総合職試験(大卒程度試験)の場合
・21歳以上30歳未満の方
※※大学卒業および卒業見込みの方は21歳未満で受験可
※教養区分については、20歳も受験可
(上記受験資格は変更となる可能性があるため、人事院のホームページ等で最新の試験情報を確認してください)

また、試験内容も試験の種類によって異なっており、総合職試験であれば大卒程度・院卒者試験ともに「第一次試験」と「第二次試験」の2段階の試験が行われます。主に筆記試験で構成されています。

特定の行政分野に関わる専門知識が必要とされる専門職試験の場合は、試験の種類ごとに受験資格や試験内容が異なっています。

官庁訪問

国家公務員採用試験では、最終合格者になると「採用候補者名簿(3年間有効)」に名前が登載され、各省庁はその採用候補者の中から採用面接等を行います。

総合職試験受験者と一般職試験(大卒程度試験)受験者の場合、この採用面接等が行われる場が「官庁訪問」というものです。官庁訪問は各府省ごとに実施され、受験生にとっては志望府省に採用されるための重要なステップとなります。

総合職試験、一般職試験(大卒程度試験)それぞれで官庁訪問のタイミングは異なっており、前者の場合は最終合格発表後に、後者の場合は第一次試験合格後に、希望する府省へ官庁訪問を行うことができます。

気を付けておきたいのは、国家公務員試験では「合格=採用」ではないということです。

受験生は官庁訪問によって志望する府省等に関する知識を深めるとともに、試験合格後の採用に向けての自己PRを行い、採用を目指します。

府省側は、訪問者が採用機関にとって適した人材であるかどうか、行政に対する意欲がどの程度であるかなどを評価します。実質、官庁訪問は合否を大きく左右するものとなっていわれているため、真剣に対策をして臨む必要があります

内定・採用

官庁訪問をクリアすると、各府省等から採用内定が出ます。内定獲得のためには、第一次試験や第二次試験にになるべく上位で合格することが大切ですが、官庁訪問も非常に大きいウエイトがあるとされています。

各府省ごとにさまざまな配属先があり、入省後は、配属された場所で国家公務員として働くことになります。