国家公務員の勤務時間・休日・残業

勤務時間

中央省庁等で働く国家公務員の勤務時間は、一般的に1日7時間45分、1週間38時間45分となっています。

基本的には8時半~9時半の勤務開始となっていますが、国家公務員といっても職場はさまざまであり、刑務所や税関といった職員が交替制で勤務するところでは、日によって宿直(夜勤)が入ることもあります。

なお、予算編成期や国会会期中は最も忙しい時期とされており、夜遅くまで仕事をすることもあります。

また、独立行政法人に採用された場合は、独立行政法人ごとに定められた勤務時間の下に働きます。

休日・休暇

国家公務員の休日は、原則として土・日曜日と祝日等となっています。

休暇としては、年に20日の年次休暇(4月1日採用の場合、採用の年は15日)のほか、病気休暇、特別休暇(夏季・結婚・出産・忌引・ボランティア等)、介護休暇があります。

国家公務員は激務?

国家公務員といえば、常に仕事が忙しく「残業が多い」というイメージが根付いているようです。

たしかに、配属先や時期などによっては多忙を極めることもあり、なかでも幹部候補の総合職として採用された場合は毎日めまぐるしく時間が過ぎていき、深夜まで働くことも珍しくはないようです。

しかしながら、近年では国家公務員の残業時間の増加がひとつの問題として取り上げられており、加えて心身の健康維持や時代の流れ等から「ワークライフバランス」の実現が強くうたわれるようになっています。

たとえば、人事院では各府省に「超過勤務の縮減に関する指針」を打ち出し、超勤時間の上限の目安時間が設定されたほか、定時退庁日(ノー残業デー)の設定、早期退庁の奨励などに積極的に取り組み始めています。

そのほか、職場によっては「フレックスタイム制」が導入されたり、時間単位でテレワークに移行できる勤務時間の分割など、新しい制度づくりも進んでいます。

こうした制度等をうまく活用することで、少しずつ状況は改善の方向に進んでいるようです。この先も、国家公務員が心身ともに健康で働き続けられる環境づくりが行われていくものと考えられます。