国会議員の秘書とは

国会議員を疑似体験

国会議員の秘書(議員秘書)とは、国会議員の傍らにあって、議員活動をサポートする秘書のことです。

議員のスケジュール調整・管理など、いわゆる秘書業務も行いますが、政策立案を補助したり、議員の代理で請願・陳情への対応、各種会議への出席、ほかの議員(秘書)たちとの意見調整などもこなします。

議員活動を疑似体験できる部分が多いため、秘書として経験を積んでから国会議員職に就くケースは少なくありません。

将来、国会議員になるために、まず議員秘書を務めてみるという選択肢が考えられそうです。

議員秘書の仕事

議員秘書には格差あり?

それでは、もう少し具体的に議員秘書について見てみましょう。

議員秘書には公設秘書と私設秘書の2種類があります。このうち公設秘書は、特別職の国家公務員という立場になるため、給料などは法律で決められています。

一般に年収は高めで、もっとも低い秘書で500万円余り、もっとも高い秘書になると1000万円を超えます。

一方、私設秘書の年収は低めといわれます。私設秘書は議員のポケットマネーで雇うため、個々の秘書の年収にはかなりの開きがあるようです。

過去に公開されたある議員の私設秘書の年収は、約300万円〜400万円でした。

所属事務所による働き方、待遇の違い

一口に議員秘書といっても、公設か私設かで待遇がかなり違うわけです。さらにもう一点、働く場所によっても、議員秘書の暮らしぶりが大きく変わってきます。

通常、議員は東京・永田町の議員会館内と、自らの地元にそれぞれ議員事務所を置きます。議員秘書はどちらかの事務所に所属して働きます。

一般に、週末は閉館する議員会館内事務所の秘書は休みが取りやすいのですが、地元事務所の秘書は平日は議員の代わりに支援者たちのあいさつ回りを行い、週末は東京から地元に戻ってくる議員に随行するなどほとんど休みなしといいます。

ただし、地元との太い人脈を築けるため、いよいよ秘書から国会議員に転身する時は、地元の応援を得やすいというメリットがあるようです。

なお、秘書のうち政策担当秘書は資格が必要ですが、それ以外の秘書は資格不要、学歴不問です。