騎手の現状と将来性

中央競馬と地方競馬

日本で、競馬は「公営ギャンブル」の一つです。「公営ギャンブル」とは、地方公共団体など公の機関が運営するギャンブルのことで、他には競輪、競艇、オートレースがあります。

中央競馬は、政府が全額出資した日本中央競馬会(JRA)が運営し、農林水産省が監督にあたっています。中央競馬のレースは、原則として毎週土、日に開催され、日本ダービーやジャパンカップ、有馬記念などが有名です。

競馬事業による収益は、畜産を中心とした各種振興事業に使われています。

一方、地方競馬は、地方公共団体によって運営されています。

現在、地方競馬は下記で行われています。
・北海道日高町の紋別競馬場
・帯広市の帯広競馬場
・盛岡市の盛岡競馬場
・奥州市の水沢競馬場
・さいたま市の浦和競馬場
・船橋市の船橋競馬場
・品川区の大井競馬場
・川崎市の川崎競馬場
・金沢市の金沢競馬場
・岐阜県笠松町の笠松競馬場
・名古屋市の名古屋競馬場
・尼崎市の園田競馬場
・姫路市の姫路競馬場
・高知市の高知競馬場
・鳥栖の佐賀競馬場

地方競馬は、主に平日に開催されており、その収益は畜産や社会福祉、医療、教育文化、スポーツの振興のために使われています。

最近の競馬界は財政状況が厳しい

競馬は、同じ公営ギャンブルの競輪、競艇、オートレースと比べても人気が高いです。しかし、売上は、バブル経済期の1990年前後をピークに減少しており、とくに地方競馬の財政状況が厳しくなっています。

実際、2000年代前半には、地方競馬の廃止が相次ぎました。

その後、競馬界では経費の削減やITの導入、民間の参入などが進められてきましたが、日本経済の長期低迷もあって、中央、地方とも運営が苦しい状況は変わっていません。

中央競馬と地方競馬の格差

騎手の年収をみても、中央競馬の騎手は平均1000万円といわれるのに対して、地方競馬の騎手は500万〜600万円です。

中央競馬の人気騎手は、取材やイベント、CMなどへの出演依頼が多く、年収が1億円を超える人もいます。

地方競馬では、人気騎手でも年収はそれほど高くありません。騎手の年収や待遇にも、中央競馬と地方競馬で格差ができています。

それでも競馬学校の入試倍率は10倍以上

それでも武豊や福永祐一といった人気騎手の存在もあって、騎手をめざす若者は減っていません。

しかも、競馬学校の騎手過程の合格者が、中央競馬で10人前後、地方競馬で15人程度と少なく、入学試験の倍率は、毎年、中央、地方とも10倍以上となっています。

公営ギャンブルの収益は、どうしても日本経済の状況に左右されます。経済状況が改善されなければ、とくに地方競馬の運営はますます厳しくなると予想されますが、公営ギャンブルとしての競馬がすたれることはないでしょう。

日本の経済がよくなれば、また活発になるでしょうし、反対に経済が低迷すれば、廃止される地方競馬や規模の縮小はあるかもしれません。

また、騎手は、最終的には実力の世界です。中央競馬の騎手でも、実力がなければ年収は増えませんし、地方競馬の騎手でも、実力があれば中央競馬に参戦したり、試験を受けて移籍することも可能です。