騎手の生活

騎手の生活はレース中心

騎手の生活は、競馬レースが中心となります。中央競馬では、競馬レースは土、日、地方競馬では平日に行われます。騎乗が決まっていれば、レース前日に「調整ルーム」と呼ばれる宿泊施設に入ることになっています。

中央競馬で、調整ルームは、各競馬場と美浦、栗東のトレーニングセンターに併設されています。

競馬場か、トレーニングセンターか、どちらの調整室に入るかは、騎手の自由です。どちらでも、レース前日の18時までに到着しなければなりません。

地方競馬の場合は、競馬場に設けられています。レース前日の18時までに到着しなければならないのも同じです。地方競馬は平日に開催されるため、その間、ずっと自宅に帰れない騎手もいます。

ただし、地方の競馬場には、調整ルームのないところもあります。その場合、レース当日、発走の2時間前までに競馬場に入ればよいことになっています。

調整ルームでは外部との接触が禁止に

調整ルームに到着すると、携帯電話(スマホ)を預け、外出はもちろん、新聞やインターネットを見ることも禁止されます。面会も、家族か、厩舎関係者に限られます。

公正な競馬レースを行うため、また、騎手のコンディションを整えるため、騎手は外部と接触できない状態に置かれます。

調整ルームには、個室の他、食堂やサウナのような風呂場、娯楽室などがあります。騎手たちは麻雀をしたり、ゲームをしたり、DVDを見たり、あるいはレース展開を考えたりしながら過ごします。

騎手仲間がいますので、時間をつぶすことはできるようです。

家族が事故にあったなど緊急の場合には、係員の立ち会いのもとで電話をかけることができます。しかし、無断で第三者と連絡を取った場合(メールやSNSも含む)、一定期間の騎乗禁止処分となります。

レース開催日の動き

レース当日は、発走の70分前までに競馬場の検量室へ行き、検量を受けます。そして、鞍をつけてパドックに下り、いよいよゲートに入ります。

翌日にもレースがあれば、騎手は、レース終了後、再び調整ルームに入ります。翌日に出場する競馬場が違う場合は、係員に同行者について報告、移動途中にも逐一報告することになっています。

レースのない日は調教をすれば勤務終了

レースのない日は、朝の4時、5時頃から、レースで騎乗する馬を中心に調教を行います。競馬界は朝が早く、調教は9時頃には終わってしまいます。フリーの騎手の場合、調教が終われば、あとはフリータイムです。

特にフリー騎手の場合、レースで騎乗できるように、日頃からの営業活動が大切です。馬主や調教師と話をしたり、食事や遊びに付き合ったりするのも、大切な仕事となります。

厩舎に所属する騎手は、調教後も、厩舎の作業を手伝います。馬とふれ合うことも勉強のうちです。