騎手の資格

騎手になるには騎手免許が必要

騎手になるには、「騎手免許」が必要です。

試験は、日本中央競馬会(JRA)と地方競馬全国協会(NAR)がそれぞれ実施しています。JRAとNARは、競馬法に基いて農林水産大臣の認可を受けており、「騎手免許」は国家資格となっています。

JRAの騎手免許を取得した騎手は、中央競馬のレースで騎乗することができます。また、NARの騎手免許を取得した騎手は、地方競馬のレースで騎乗できます。基本的に、両方の騎手免許を同時にもつことはできません。

また、中央競馬の騎手免許をもっていても地方競馬のレースには出られませんし、地方競馬の騎手免許をもっていても中央競馬のレースに出場することができません。

ただし、近年多くなった指定交流競走には、中央、地方関係なく出場可能です。

中央競馬の騎手免許について

受験の年齢制限は、16歳以上です。

中央競馬の騎手免許には、「平地競走」と「障害競走」があります。平地競走は、全速力で走るギャロップ(襲歩)によって、純粋にスピードを競う一般的なレースのことです。

障害競走とは、コース上に設置された障害物を飛び越えながらゴールを目指すレースです。

新規に騎手免許を取得しようと思えば、JRAの競馬学校(千葉県白井市)で、3年間の騎手過程を修了するか、JRAに承認されて騎手候補者になる必要があります。受験者のほとんどが、競馬学校の卒業見込み者か、卒業生です。

地方競馬の騎手免許について

受験の年齢制限は16歳以上です。

地方競馬の騎手免許では、「平地競走」と「ばんえい競馬」があります。

新規に地方競馬の騎手免許を取得しようと思えば、NARの地方競馬教養センター(栃木県那須塩原市)で、2年間の騎手過程を修了するか、NARに承認された騎手候補者になる必要があります。

受験者のほとんどが、地方競馬教養センターの卒業見込み者か、卒業生です。

ばんえい競馬については、養成機関がありません。まず、厩舎に厩務員として1年以上所属し、馬の扱いや基礎技術を身につけた後、ばんえい競馬が実施する騎手免許試験を受けます。

この試験に合格すると、NARから騎手免許が交付されます。

1年ごとに試験を受けて更新する

騎手資格は、中央競馬でも、地方競馬でも、1年ごとに更新が必要です。

毎年、競馬関係法規と乗馬技術に関する知識や一般常識の試験と身体検査、人物考査を受けて合格すれば、騎手資格が更新されます。