騎手の大変なこと、苦労

もっとも大変なのは体重管理

多くの騎手にとって、もっとも大変なのは体重管理でしょう。競走馬にとって、騎手を乗せて走ることは大きな負担になります。そのため、騎手は、自分の体重を50キロ前後で維持することが大切になります。

じっさい、50キロを大きく上回るようになれば、騎乗機会が減ります。騎乗できなければ、収入もなくなります。現実に、体重が重くなって引退に追い込まれる例もあります。

また、それでも騎乗しようと思えば、短期間で数キロの減量をしなければなりませんが、体重は自分の体質とも関わってきますから、苦労している騎手が少なくありません。

最近も、レース当日、51キロから50キロに体重を落としている最中に熱中症になり、2日間の騎乗停止処分を受けた騎手もいました。

また、体重調整に失敗して騎乗をキャンセルし、10万円の過怠金を課された騎手もいました。

騎手は、早いうちに自分なりの体重管理法を見つけ、体重を50キロ前後で維持していくことです。そのためには、好きな食べ物やお酒を我慢したり、誘いを断ったりして摂生することが必要になります。

特に背の高い人は体重管理が大変

背の高い騎手ほど、体重を維持するのに苦労します。たとえば、武幸四郎騎手は、身長が177cmもあります。177cmの男性の標準体重は、約68キロですが、武幸四郎騎手は52キロを維持しています。

しかし、20代の頃から過酷な減量をしていたため、骨年齢は70歳に近いと医者から警告されていました。それでも本人は「体重を維持するためには仕方ない」と話していました。

過酷な減量のせいで、自分の体にムチ打つ騎手も少なくありません。

騎乗機会を増やすための営業活動も大変

騎乗機会を増やすためには、日頃の人間付き合いも大切になってきます。最近は、厩舎の仕事や人間関係のわずらわしさから、厩舎を離れ、フリーの騎手になる人が増えています。

しかし、フリーになると、騎乗する競走馬を自分で探さなければなりません。もちろん実力の認められた騎手には、騎乗依頼が殺到しますが、若手や勝利数の少ない騎手は、営業が必要になります。

レースのDVDを配ったり、お酒や食事の席に付き合ってアピールしたり、ツテを頼って売り込むことが必要です。

最近は、騎手と馬主、調教師の間をエージェントが仲介することが増えており、エージェントとの日頃の付き合いも大切になっています。

エージェントに嫌われると、騎乗できなくなるので、主に競馬記者が兼任するエージェントとの付き合いが大切です。

取材には常に協力し、記者の暇な時間にも無駄話に付き合ったり、一緒にお茶を飲んだりすることが求められます。