騎手のトレーニング、訓練、練習

持久力と体幹、バランス感覚を磨く

騎手のトレーニングとして大切なのは、まず、体力作りです。地方競馬なら、平日は毎日のように騎乗しますし、中央競馬では週末に何レースも騎乗することがあります。

競走馬に騎乗すると、見ている以上に体力の消耗が激しく、筋力も使います。さらに、美しい騎乗姿勢を保つためにも、とりわけ持久力と体幹の筋肉を常に鍛えることが重要です。

といって、ウェートトレーニングをしすぎると、筋肉がついて体重の増加につながります。そのため、持久力はランニングが中心。体幹の筋肉は、昔ながらの腕立て伏せや腹筋、背筋運動が中心です。

これに、馬上でのバランス感覚につながる柔軟な体を維持するため、柔軟体操やストレッチング、バランスボールを使ったトレーニングなどを行っています。

馬への負担を減らすしなやかな体

同じ体重の騎手でも、その乗り方によって、馬は重く感じることもあれば、軽く感じることもあるといわれています。その差は何かといえば、柔らかな体の使い方と騎乗姿勢にあるようです。

競走馬への負担を少しでも軽くしようと思えば、日頃から柔らかく、しなやかな体と、美しい騎乗姿勢を取る練習も大切になってきます。

レースの駆け引きを磨く

レース運びや駆け引きといったレース感覚を磨くことも大切です。多くの騎手が、DVDなどで日本国内だけでなく、ヨーロッパやアメリカの競馬レースを見ています。

有名な騎手やお気に入りの騎手が、競走馬の特徴やレース展開によって、どのような乗り方をしているか研究するのです。

まずはレースを映像で見て、レース展開や乗り方を脳に焼き付けます。そして、時間を見つけては、それらのレース展開を頭の中で何度も思い描いておきます。

こうして、実際のレースで、とっさに応用できるように準備しておきます。

大きなレースでも緊張しない心を磨く

騎手が馬上で緊張すれば、その緊張は確実に馬にも伝わります。大きなレースでも、緊張せず、騎乗するためのトレーニングも欠かせません。

とくに若いうちは、メンタルトレーニングや呼吸法などを行い、どんな大舞台、どんな展開になっても慌てず、動じないメンタルを養っておくことが大切です。