騎手の引退後

引退年齢の平均は30代後半

騎手の引退年齢は、平均すると30代後半です。

騎手に定年はありませんので、「あんかつ」というニックネームで知られ、52歳で引退した安藤勝己騎手のように40代、50代となっても活躍する騎手はいます。

しかし、現実には、体力や体重の維持、人間関係などが理由で、40歳を前に引退を決意するケースが多くなっています。

30代も半ばをすぎると、運動能力が低下し、基礎代謝も少なくなって体重が維持しにくくなります。騎乗機会が減ったり、収入が減ってくると、引退を考えるようになります。

騎手免許は、1年ごとの更新で、その都度資格試験を受ける必要があります。騎手免許の更新期限に合わせて引退する人もいます。

さらに、親しい調教師が引退し、その跡を継ぐために騎手を引退する人もいますし、実力のある騎手でも、体力の衰えなどから獲得賞金が少なくなり、引退を決意することもあります。

引退後も競馬界に残る人が多い

騎手の場合、引退後も、競馬界に残る人が多いです。中央競馬、地方競馬を問わず、もっとも目立つのは調教師や調教助手、厩務員になることです。

現役時代から縁があったり、親しくしている厩舎に雇われ、厩舎の仕事に専念します。

調教師の場合、調教師の資格試験を受けて合格する必要があります。引退が近づくと、試験勉強を始める人もいますし、いったん親しい厩舎の調教助手や厩務員になり、仕事をしながら調教師試験の勉強をする人もいます。

その他でも、パドックでの解説やレース解説、予想家、牧場で競走馬の生産や育成から競走馬のトラック輸送、飼料の販売関係など競馬に関わる人が多いです。

もともと、騎手は、厩舎や競馬関係者の親族というケースが多いこともあって、むしろ競馬界を離れることの方が珍しくなっています。

引退後に家業を継いだり、現役時代に貯めたお金で店をオープンしたりする人もいますが、競馬界から完全に離れる人は少ないようです。